Original

大変なアルバイトのシフト管理を簡単に解決するツール「シフオプ」が便利!

募集をかけてもアルバイトを集めるのは至難の業。人手が足りない中でアルバイトの要望に応えながらシフトを作るのは大変なものです。少ないアルバイトで効率的にシフトを管理するツールに「シフオプ」があります。サービスの概要や、導入するメリットを紹介します。


目次[非表示]

  1. アルバイトのシフト管理は手間がかかり面倒…
  2. ”シフオプ"とはどんなサービス?
  3. シフオプ導入のメリットは?
  4. シフオプで解決できる!シフト管理の負担
  5. まとめ

アルバイトのシフト管理は手間がかかり面倒…

人件費を削減しながらも労働力を確保するために、多くのアルバイトを抱える店舗も多いのではないでしょうか。しかし従業員が多ければ、その分シフト管理にかかる時間や手間といった負担は大きくなります。シフトを作成するために、表計算ツールを使う店舗もあれば、手書きで作成しているところもあるかもしれません。どちらにしてもシフトの作成には多くの時間がかかってしまいます。

それにシフトを作成してもそこで終わりではありません。そのシフトをもとに従業員の給与を計算し、人件費が予算を超えていないか確認する必要があります。もし採算が合わなければ、従業員にシフトの調整のお願いをして、作成したシフトを修正しなければいけません。またアルバイトの時給は人によって異なる場合もあり、ひとりひとり勤務時間と照らし合わせて計算する必要があります。

しかもシフト管理は毎月のことで、店舗によっては毎週作成しているところもあります。そのたびに従業員のシフト希望を収集して、シフトを作成しなければいけません。このようにシフト管理には多くの手間や時間がかかってしまい、多くの人が頭を抱えています。


”シフオプ"とはどんなサービス?

シフオプとは従業員の最適配置を支援するシフト管理システムです。このシステムを使うことで、シフト管理を効率化することができます。例えば、シフオプでシフトを作成すると、作ったシフトをもとに従業員の給与が画面上に反映されます。これまで別々に行っていたシフト作成と給与計算を同時に行うことができ、大幅に負担を軽減することができます。

またスペースが狭く、パソコンを置くスペースがないという店舗が多いと思います。ですがシフオプはスマートフォンやタブレットなどインターネットが繋がる端末であれば操作をすることができます。そのためパソコンが置けない店舗でも、シフオプを利用することができます。


シフオプ導入のメリットは?

シフオプを導入することで、業務効率化や人件費の管理など様々なメリットを得ることができます。具体的にシフオプを導入すると、どのようなメリットがあるのかご紹介します。


・シフト作成時の負担を軽減

シフオプを導入することで、従業員のシフト希望の収集やその希望の転記作業、そして確定したシフトの伝達といった作業を効率化することができます。従業員が申請したシフトは自動的に管理者の画面に反映されます。また確定したシフトは、シフオプからの自動メールで通知されるので、わざわざ連絡する手間が省け、シフト作成にかかる多くの負担を軽減することができます。


・アラート機能で労務規範違反を回避

無理にシフトを組んでしまうと労務規範違反になってしまうこともあり、大きなリスクを負う可能性があります。シフオプでは、労務規範違反のリスクがあるようなシフトを作成していると警告が表示されます。リスクを回避できるだけでなく、結果的に従業員の負担も減らすことができます。


・人件費を自動的に最適化

シフオプでシフトを作成すると、その出勤時間をもとに人件費の計算が自動的に行われます。また計算された人件費は予算などの数値と一緒に表示されるので、人件費が過剰でないか即座に確認できます。そのためシフト作成と人件費の計算を別々に行う手間と時間を短縮することができ、過剰な人件費の発生を防ぐことができます。


・現場の人手不足を可視化

手作業でシフト管理を行っている場合、人員が不足している時間帯を把握するまでに時間がかかります。複数の店舗を経営していると、細かな人員の不足を把握することはさらに難しいでしょう。しかしシフオプでは、各店舗や現場のシフト状況を即座に可視化することができます。人員状況を正確に把握することで、「ここは人が不足しているから人員を増やそう」「逆にこの時間は人が余っているから削ろう」といった人件費の効率化も期待できます。


・他店舗へのヘルプの要請

シフオプでは店舗間でシフトの情報を共有できるので、他店舗のシフト状況を即座に把握できます。またシフオプでは簡単に一括連絡ができるので、「緊急でヘルプがほしい」というときでも、すぐに従業員にヘルプを要請することができます。この機能は他の店舗に対しても行えるので、これまでよりもスムーズなヘルプの要請が可能になります。


シフオプで解決できる!シフト管理の負担

先に紹介したようなメリットによって、シフト管理にかかる負担を大幅に軽減することができます。実際にシフオプはいくつもの大手企業で導入されており、年間約480時間の業務コストの削減や、ヘルプの推進により不足していた労働力を安定的に確保できるなど、効率的なシフト管理によって従業員の稼働率も向上しています。シフト管理にかかる手間や時間を短縮することにより、そのぶん別の仕事に充てることができるので、業務全体の効率化にもつながります。


まとめ

管理する側がシフトを作成するには膨大な時間的コストがかかります。企業がシフオプを導入すれば、シフト管理の煩わしさを効率化するための便利な機能を用いて効率的にシフトを回すことができるでしょう。

シフト管理についてお困りの方はお気軽にお問い合わせはこちら。


お問い合わせ・資料請求はこちらから

人気記事ランキング

タグ一覧