Original

急なシフト変更の要望が多く対応できない!法律的に問題はあるの?

アルバイトスタッフに急にシフト変更をお願いされ、困ったことがある経営者もいることでしょう。急に休みをお願いされたときの対処法や、欠員が出たときでも容易に対応するためのツールを紹介します。


目次[非表示]

  1. 当日になっての遅刻や欠勤…急なシフト変更に悩まされる
  2. ”代わりがいないと休んではいけない"は法律的にはNG
  3. 急なシフト変更にも対応できる!シフオプ導入のメリット
  4. シフオプで解決できる急なシフト変更
  5. まとめ


当日になっての遅刻や欠勤…急なシフト変更に悩まされる

ショップや飲食店などの店舗経営において、アルバイトスタッフの存在は非常に大きなものといえます。中には、社員一人で十数名のアルバイトスタッフを抱えてお店を回しているということも少なくありません。

アルバイトを多く抱えるお店において、もっとも頭を悩ませるのがアルバイトスタッフの遅刻や突然の欠勤です。無断欠勤はもってのほかですが、交通機関の影響による遅刻、または体調不良や不慮の問題による欠勤は避けることができません。

アルバイトで回しているお店の多くは、ギリギリの人数で営業していることが多いでしょう。人員を余分に持たせて、無駄な賃金、つまり人件費を生み出したくないからです。しかし、シフト制のお店において、このような急な欠勤という事態に陥ってしまうと、その欠勤したアルバイトのポジションがぽっかりと空いてしまう恐れがあります。最悪の場合は、営業をすることができないという状態になる可能性もあります。経営者としては、このような事態は非常に困る事態であり、早急に代わりの人を探さなくてはなりません。


”代わりがいないと休んではいけない"は法律的にはNG

「休むなら代わりに入ってくれる人を見つけておいてね」かつて、自分がアルバイトをしていた頃、このような言葉をお店の責任者からいわれたことがあるという方は非常に多いことでしょう。残念なことに探しても見つからない場合は、「じゃあ、ちゃんとシフト通りに出勤してね」と、出勤を強要する責任者も存在するかもしれません。特に真面目なアルバイトスタッフは、体調不良で辛い中でも、代わりの人を探したり、見つけられなくて仕方なく仕事に出たという方も少なくありません。

しかし、このような責任者の対応が現在問題になっています。ブラックバイトとも呼ばれるようになり、社会現象にもなりましたが法律的には問題があるのでしょうか。

代わりのアルバイトを探すように強要することは、法律上違法とされています。アルバイトの雇用に関しては労働基準法が適用されており、アルバイトが雇用契約上負うべき責任は、あくまでも労働提供義務であり、他のアルバイトを手配することではないからです。

もちろん、急な欠勤によりアルバイトは債務不履行責任を負います。しかし、他の人を手配するのはあくまでも使用者側、つまりシフト管理をしている責任者なのです。もし、アルバイトにこのようなことを強要させると、労働基準法違反として訴えられる恐れがあります。


急なシフト変更にも対応できる!シフオプ導入のメリット

ここまで解説してきたとおり、急な欠勤や遅刻が生じ、急なシフト変更の必要ができてしまっても、代わりに勤務してもらえるアルバイトを手配する義務は会社側の責任者にあります。一般的には、責任者が一人ひとりに電話などで連絡を取って、シフトに入れるかどうかの確認をする場合が多いのではないでしょうか。しかし、その作業はかなりの手間であり、連絡する順番によってはさっきまではあいていたのに予定が入ってしまったなどシフトに入れる人を逃してしまうケースも少なくありません。

そのような責任者の負担を少しでも少なくするのにおすすめなのが「シフオプ」です。シフオプを導入することで、シフトを一括管理することができるようになります。また、簡単な操作によって、即時にアルバイトスタッフ全員に対してシフトに入れるかどうかのへルプ募集連絡をすることができます。

さらに、シフオプのヘルプ機能では、1店舗だけではなく多店舗のスタッフに対しても一斉連絡をすることができます。店舗間での余剰人員の有効活用が可能であり、より簡単に代わりの人員を探すことができるでしょう。さらにメッセージ機能も搭載しているので、アルバイトスタッフが確認をしたら、すぐに代わりに出ることの可否について回答をもらうことも可能となっています。


シフオプで解決できる急なシフト変更

また、アルバイト側の問題による急なシフト変更以外にもシフオプを活用することができます。たとえば、店舗側の都合により急きょ人員を調整しなければならなくなった際にも、同じようにシフオプから出勤要請を一斉送信することが可能です。

他店舗のアルバイトスタッフを含め、シフトの可視化ができるので、スタッフ管理が非常に楽になるでしょう。責任者が一人ひとりに連絡をかけると時間的コストがかかってしまいます。シフオプの活用により、時間的コストの削減を実現し、労働生産性を高めることができるでしょう。また、一斉連絡することによって、タッチの差で予定が入ってしまうなどのリスクをなくすことが期待できます。

さらに、全体のシフト情報や変更されたシフト情報は、アルバイトスタッフも含めてインターネットを利用して共有することが可能です。せっかく欠勤スタッフの代わりが見つかったのに、伝え漏れなどによって出勤できないという事態を避けることもできます。


まとめ

このように、シフオプを活用すると、細やかに適切なシフト管理を実現できるでしょう。アルバイトスタッフとしても代わりの手配を強要されることもなく、使用者側も法律に違反してしまうリスクを軽減することができます。シフオプの導入に対して、より詳しく知りたい方、お困りの方はお気軽にお問い合わせください。


お問い合わせ・資料請求はこちらから

人気記事ランキング

タグ一覧