土日・祝日に働きたくなる!シフト埋まらない問題を解決する方法は?

学生や主婦などのアルバイト従業員は、家事や学業など、並行してこなさなければいけない事が多くとても忙しいのが現状です。時には土日祝日に勤務を希望する人が少ない日もあるでしょう。この記事では、休みであっても働きやすい環境を整えるためにすべきことや、シフトを効率的に埋めるためのツールを紹介します。



目次[非表示]

  1. 土日・祝日は休み希望が集中してシフトが埋まりにくい
  2. 休み希望が集中する時期の労働力を確保する方法は?
  3. 人件費の改善に”シフオプ"の活用がおすすめ!
  4. 人件費最適化以外にもシフオプがおすすめ
  5. まとめ


土日・祝日は休み希望が集中してシフトが埋まりにくい

店舗や飲食店を運営していると、どうしてもシフトが埋まりにくい日が発生してしまいます。土日や祝日といった休日は、家族も休みであることからできれば出勤したくない、平日だけの勤務にしてほしいというケースも少なくありません。また、長期休暇を取りやすいお盆や年末年始なども休みを取りたいスタッフが非常に多くなります。さらに、学生の多い職場では、テスト期間になると、急にシフトに入れないスタッフが増えてしまうことがあるでしょう。

このように、どのような会社や店舗であっても、休日のシフト体制は不安定になりがちです。あまりにシフトが埋まらない場合は、現場の責任者や社員が穴埋めをしなければならないことも多く、正社員への負担がかなり大きいでしょう。経営者としては、できればそのような事態は避けたいものです。

「土日祝日に出勤可能な人」を採用をしたとしても、あくまでも一般的なシフト制アルバイト契約の場合、土日祝日の出勤を強制させることはできません。そのため、普段からシフトの空きが発生しないような人員を準備しておく、もしくは休日に入りたくなるような対策を講じる必要があります。


休み希望が集中する時期の労働力を確保する方法は?

土日や祝日、そしてテスト期間など休み希望が集中する期間に仕事を回すためには、あらかじめ労働力を確保する必要があります。もっとも簡単な方法としては、現在のアルバイトスタッフに休日勤務の依頼をすることです。スタッフが比較的多いのであれば、交代制などの導入を相談してみると意外とスムーズに話がつく可能性があります。アルバイトスタッフが少ない場合は、頻繁に休日の勤務が発生する可能性があるため、嫌がられる可能性もあるでしょう。

そして、複数店舗の経営をしている場合は、他店舗のアルバイトスタッフにヘルプ依頼ができるかどうかを確認しましょう。場合によっては他店舗のスタッフの方が働いてくれるかもしれません。

また、なぜ休日の勤務が嫌がられるのか、休みだということ以外に理由がないかを確認してみましょう。もしかすると休日に勤務してもらう場合、時給が他のアルバイト先と比べて低くなっているかもしれません。お店によっては、時間帯や曜日によって時給の枠が変わっていることもあります。休日の人件費を見直し、アルバイトスタッフがシフトに入りたいと思わせるような条件にすることも改善策の一つといえるでしょう。


人件費の改善に”シフオプ"の活用がおすすめ!

土日のシフトが埋まらない問題を解決する施策の一つとして、「シフオプ」の利用をおすすめします。シフオプでは、シフトの傾向や分布を視覚的につかむことができます。また、シフト作成と同時に人件費を自動計算することも可能です。お店の人件費がどのような状況になっているのかをリアルタイムにモニタリングすることで、人件費の最適化が実現するでしょう。

これによって、人手不足になりやすい土日や祝日のシフトにどの程度人が足りないのかを把握することができます。また、現時点での人件費も計算できているため、時給単価を上げることでどれくらいの人件費増になるのかも簡単に見込むことができるでしょう。予算の許す範囲内で、人手不足になりやすい曜日の時給単価を高めにすることで、シフトが埋まらないという問題を解決できる可能性があります。

また、土日・祝日の時給単価を上げたことはシフオプを通じて、すべてのアルバイトスタッフに一斉通知することができます。アルバイトスタッフ全員に対して、一斉通知することができます時給アップの通知をすることができるので、効率的に調整を行えることでしょう。


人件費最適化以外にもシフオプがおすすめ

シフオプには人件費の最適化以外にも、メリットが非常に多くあります。シフトのバランスを可視化することができるため、どの曜日のどの時間帯に人手不足が発生しているのかを一目で確認することができます。これによって、現場が本当に人手を必要としている時間を把握したうえで、アルバイトの募集をすることができるので、採用人員に無駄が生じません。また、過剰人員となっているシフトも確認できるため、不必要な人件費のコストカットも可能となるでしょう。

紙やエクセルなどでシフト管理をする場合、スタッフの希望の収集や、収集した希望をもとにシフトを組む作業、そして確定したシフトを各スタッフに周知する作業など、使用者側はかなりの負担を強いられます。シフオプを活用した場合、収集したシフトは自動で画面表示され、簡単にシフトを組むことができるうえに、通知も簡単に一斉送信することができます。使用者側の負担を大きく軽減させることができるでしょう。

さらに、アルバイトスタッフを運用しているとどうしても急な欠勤などが生じることがあります。このような場合、一般的には管理者が他のアルバイトスタッフに電話をかけて、シフトに入れるかの交渉をしなければなりません。シフオプでは、簡単な操作によって他店舗も含めてヘルプ募集を一括送信することができます。万が一の事態が起こった際の代替要員の確保も、簡単にできるのがメリットです。


まとめ

シフオプを使えば、土日でも人員を確保できる可能性が広がることが分かりました。柔軟な働き方を望むアルバイトに気持ち良く働いてもらうためにも、管理する側はスムーズにシフトをまとめたいもの。「シフオプ」を活用しながら、効率的なシフト調整に努めましょう。


シフオプの詳細はこちらから。

お問い合わせ・資料請求はこちらから

人気記事ランキング

タグ一覧