Original

シフト2交代制の特徴をチェック!勤務者にとっては稼げるメリットも!

シフト制には、24時間のサービス対応ができることなど雇用者側から見たメリットとがありますが、勤務者側から見たにとってのメリットやデメリットがあります。

求人案内などに、勤務時間が複数記載されていたり、シフト勤務などと記載されていたりする場合は、勤務時間が毎日同じでなく、日によって働く時間が異なることがほとんどです。この記事では、シフト制の中でも2交代制についてメリット・デメリットも含めて解説します。


目次[非表示]

  1. 2交代制シフトはどのような勤務形態?
  2. 2交代制シフトのメリット
  3. 2交代制シフトのデメリット
  4. まとめ


2交代制シフトはどのような勤務形態?


2交代制シフトの勤務形態は、労働時間を2パターンに分けて、それぞれ勤務する形態を指します。24時間体制で仕事がある看護などの医療現場や介護現場、工場、ホテルなどで採用されています。


労働時間の分け方は、各職場によってさまざまです。例えば、午前8時から午後5時までの日勤といわれる昼間の時間帯の労働と午後5時から翌午前1時までの夜勤を含む夜の時間帯に分ける場合があります。


24時間体制の場合は、午前9時から午後9時までの日勤と、午後9時から翌朝午前9時までの夜勤というパターンもあるでしょう。また、午前8時から午後5時までの日勤と、午後5時から翌朝午前8時までの夜勤というパターンの場合、夜勤時間帯は2時間の仮眠を取るために長めの勤務時間に設定されている場合もあります。


このように、2交代制シフトといっても、職場によってさまざまです。なお、2交代制シフトシフト2交代制で同じ時間帯でも、「週ごとに変わる」「夜勤時間帯だけ勤務する」など、働き方が異なる場合もあります。


2交代制シフトのメリット


勤務する側にとってシフト2交代制のメリットはどんなものでしょうか。まず、夜勤に入ると深夜労働手当などがつくため、日勤だけの勤務に比べて給料が高くなる場合が多くなります。いでしょう。同じ勤務時間でも深夜に労働するだけで割高になるなら、そちらを選びたいという人もいます。


また、次の勤務までの時間が長くなることもあります。夜勤で働き、次の勤務が日勤の場合、夜勤明けの日は休日になるため、日勤のみの勤務に比べて休日が多くなることもあります。


シフト制で土日も稼働するような職場の場合、平日が休日になる場合もあります。シフト制は、月初めなど事前に確定していますので、平日の休日を利用して安く旅行に行ったり、平日にしかできない手続きを行ったりすることができます。くことが可能です。銀行など平日に手続きをしなければならないときでも、休日を利用して行うことができます。


また、シフト制の場合、勤務時間の終了時に交代する人が確保されているため、残業があったとしても安心です。「交代する人に引き継げば、残業しなくても済むことが多い」ということもメリットでしょう。勤務内容によって異なりますが、日勤の場合、その日のうちに終わらせなくてはいけない業務のために残業をすることがありますが、2交代制シフトではその業務を引き継ぐことで、残業が発生しにくくなります。業務がその日に終わらないと残業して終わらせなければならないことと比較すると、シフト2交代制の場合は、残業しなくてもよいという体制になっていることがわかります。


2交代制シフトのデメリット


2交代制シフトにはメリットが多くありましたが、デメリットもあります。まず、2交代制シフトの場合は、生活が不規則になりがちです。夜勤のみやとか日勤のみなどのと限定されている場合は、毎日同じ時間に勤務することができるため、食事の時間や就寝時間・睡眠時間など、毎日同じ生活リズムでがほぼ同時刻で生活することができます。


これに対して、2交代制シフトの場合、「日勤の日」「夜勤の日」と異なる時間で異なる勤務をしなければいけないため、生活リズムが乱れがちです。ません。加えて、休日は疲れて長時間寝ているような場合、ばらばらな生活リズムになってしまいます。不規則な生活は、体調を崩す原因になるといわれていることから、2交代制シフトは、不規則な生活になりやすい点ることがデメリットのひとつになります。


また、夜勤に入ると体力の消耗が激しいという点もデメリットです。人間の身体は、本来昼間に活動し、夜間には休むようなサイクルになっています。そのため、夜間に活動すると体力の消耗が大きくなるといわれているのです。また、ミスが多くなる可能性もあり、集中力が必要な医療や看護の現場などでは、夜勤の場合にミスが出やすい傾向があるといえます。


夜勤は、日勤に比べ仮眠の時間の確保があるため、拘束時間が長くなるというデメリットもあります。また、2交代制シフトの場合、勤務時間が日によって違うため、シフトが確定しないと予定が組めないというのもデメリットの一つとして挙げられます。ただ、仮眠を取ったほうが体調面ではメリットになるでしょう。シフト2交代制の場合、勤務時間がバラバラであることから、家族や友人との生活時間が合わなくなる場合があります。そのため、外出や家族と一緒に食卓を囲むことが難しい場合もあるのです。


シフト2交代制の場合、シフトが決定するのが遅くなる場合もあります。この場合、数カ月先に予定を入れることが難しくなるという点はデメリットです。


まとめ


シフト2交代制は、日勤と夜勤の2パターンに勤務時間を分けて労働することです。看護や工場、ホテルなど24時間体制や稼働時間が長い職場で採用されています。それぞれにメリット・デメリットがありますが、あえてシフト制を選ぶ人もいます。夜勤があるほうが給与は多くなるため、シフト制を好む人もいます。求人広告などには勤務時間の詳細を記載必ず記載をすることで、求職者へ提示する選択肢が増えて労働力の確保につながる効果が出ることもあります。


シフト管理システム「シフオプ」はこちら。



お問い合わせ・資料請求はこちらから

人気記事ランキング

タグ一覧