Original

アルバイトを雇うときに気を付けたい労働基準法

アルバイトやパートであっても、契約の元で雇用を契約を締結する以上、労働基準法をしっかりと守らなければなりません。ここでは、うっかり見落としてしまいがちな、アルバイトやパートに対しての労働基準法違反について、詳しくご紹介します。

目次[非表示]

  1. 労働基準法はすべての使用雇用者・労働者に適用される
  2. アルバイトで起こりに対してやりがちな法律違反~給与・ルール編~
  3. アルバイトに対してやりがちな法律違反~労働時間編~
  4. 違反を防ぐにはシステムの導入が有効 少なくするためには雇用者・労働者ともに余裕が必要
  5. まとめ


労働基準法はすべての使用雇用者・労働者に適用される


一般的に使用者と労働者は対等になることは難しく、どうしても使用者側が優位になってしまいがちです。民法においては、契約の自由という権利において、好きなように契約を結ぶことができます。しかし、時として労働者を虐げるような契約になってしまうこともあります。労働基準法とは、そのような弱者になってしまいがちなる労働者を守るために制定された法律です。


労働基準法の中では、労働契約・賃金・労働時間、安全衛生・災害補償・就業規則などの最低基準を定めています。労働契約において、労働基準法の基準に満たないより低い条件で契約を結んでいた場合、その労働契約の内容は無効となりって、労働基準法上の基準が適用されます。これによって、労働者の権利を最低限度保証しているのです。


一般的に、経営者は正社員などにおいて労働基準法遵守を意識して対応していますが、アルバイトやパートへは意識が向いていないケースが多い傾向です。しかし、労働基準法の適用範囲は、正社員だけではなくアルバイトやパート、外国人労働者などについても適用されるものです。そのため、アルバイトだからといって軽く対応していると法律に違反してしまうケースがあるのです。


アルバイトで起こりに対してやりがちな法律違反~給与・ルール編~


アルバイトのに対して給与やルールについて起こりなどでやりがちな法律違反をご紹介します。


最低賃金を下回る

日本では、「最低賃金法」という法律があり、時間当たりの最低賃金を都道府県ごとに制定しています。これは、毎年更新されるものですが、契約当時から時給最低賃金を変えておらず、気が付かないうちに最低賃金を下回ってしまっているケースが多いです。


罰金制度

ノルマに対しての罰金や、物を破損した際の罰金は強要することはできません。あくまでも会社に責任があるものなので、会社が責を負わなければならないのです。


残業手当時間がつかない

時間給で勘違いしやすいのですが、アルバイトであっても8時間を超えて労働させた場合は、その分の時給について割増賃金で支払う義務が生じます。つい時間当たりで考えて、割増賃金を忘れてしまうケースが多いようです会社が多いです。


遅刻、欠勤のペナルティー

遅刻や欠勤によって、労働者に対してペナルティーを科すことは法律違反ではありません。しかし、ペナルティーには限度が定められており、労働基準法で決められている限度を超えたペナルティーを科す課すことができません。


アルバイトに対してやりがちな法律違反~労働時間編~


労働時間においても、意外に見落としているケースがちなことは多いです。


休憩時間

時間給で働いているアルバイトの場合、休憩時間について見落としてしまうことが多い傾向です。労働基準法では、6時間以上8時間未満の連続勤務の場合には、45分の休憩が必要と定めており、8時間以上の連続勤務の場合には1時間の休憩を与えなければならないとしています。


しかし、本人の希望でが希望するからといって30分程度しか休憩を与えなかったり、急な欠勤の穴埋めで、引き続き働いてもらったりした際にするときに、休憩時間を与え忘れると法律に違反することになりますいった問題事例が起こります。


業務外の拘束時間

これは、しばしば正社員と経営者との間でも起こりうるトラブルです。たとえば、業務就業前のタイムカードを打刻する打つ前に朝礼を行ったり、清掃時間を設けたりして、従業員に対して労働時間外の拘束をしている場合は、法律違反となります。これらの時間は、労働時間に含めなければなりませんとして認識すべきであり、タイムカードを打つ前にさせてはならないとされています。


違反を防ぐにはシステムの導入が有効 少なくするためには雇用者・労働者ともに余裕が必要


ここまでご紹介してきた労働基準法違反は、どのような会社でも起こり得ます。多くの場合は、業務が回っていないようなバタバタとしているときに起こりやすいのです。たとえば、忙しいシーズンのときに特に繁忙期などで人手不足に陥ってしまったり、急な欠勤が発生してしまったりしたときに、気が付かないうちに法律違反を犯してしまう傾向があります。


もちろん、悪意がなくてものないことがほとんどなのですが、強行法規であることから、「知らなかった」「気が付かなかった」という言い訳は通用しません。普段から労働基準法について勉強するとともに、シフト作成段階で労働基準法違反を防ぐためにシフト管理システムなどを導入するのも有効です。システムで管理することで、デジタルに違反をキャッチでき、違反の発生を防げます。普段から、シフト管理や法律の改正などをしっかりと確認しておくようにしましょう。また、シフト管理については、従業員から不満が出ないよう、そして従業員に無理をさせないように余裕を持ったシフトの組み方を考えることが必要です。余裕を持たせることで、見落としがちな法律違反に気が付きやすくなるでしょう。


まとめ


つい忘れてしまいがちになりますが、アルバイトやパートも正式な契約によって締結された従業員です。正社員と同じように、労働基準法によって守られています。労働時間や給料、休憩など、さまざまな軽微な法律違反を起こす恐れがあります。忙しいときなどに起こりやすいものですが、どれだけ小さなものであっても違反は違反です。システムなどを導入し、余裕を持ったシフトを組むように心掛け、法律違反を未然に防ぐようにしましょう。


シフト管理システム「シフオプ」はこちら。

お問い合わせ・資料請求はこちらから

人気記事ランキング

タグ一覧