Original

CSRを支える「労務コンプライアンス」のポイント

企業が守るべきコンプライアンスの中には、社会に向けての対外的なものだけでなく、会社で働いている従業員に対しての対内内外的な「労務コンプライアンス」もあります。「労務コンプライアンス」の徹底は、従業員が心身ともに働きやすい会社になるための第一歩です。本記事では、組織力が向上し企業のメリットさえ生み出す「労務コンプライアンス」について、深くそして幅広く解説します。



目次[非表示]

  1. 労務コンプライアンスとは
  2. 是正勧告の多いポイント
  3. 労務コンプライアンスリスクを軽減させるためには
  4. まとめ


労務コンプライアンスとは


長時間労働や時間外手当の無支給、リストラなどがメディアで取り上げられることが多く、「労務コンプライアンス」という言葉を耳にする機会も増えましたよく耳にしますね。人事部や管理部に所属する人や管理職の人は、労務コンプライアンスについて対応を迫られている、常に考えさせられていることでしょう。労務コンプライアンスは、従業員のために、企業が法律を守ることです。


例えば、「最低賃金は守られているか」「休みは与えているか」「時間外労働は適正に行われているか」などがありますね。そして、労務コンプライアンスは、CSR(企業の社会的責任)を発展させるためにも必要不可欠ですなこと、忘れてはいけません。


労務コンプライアンスの元となる労務の法令は、労働基準法だけではありません。最低賃金法やパートタイム労働法、男女雇用機会均等法など数多くあります。人事や総務担当者、管理職はこれら法令を把握して、賃金やシフトなど、労務全般を管理しなければならないのです。


労務コンプライアンス関連法令

労働基準法・労働契約法・労働安全衛生法・労働者災害補償保険法・最低賃金法・パートタイム労働法・男女雇用機会均等法・育児介護休業法・次世代育成支援対策推進法・職業安定法・雇用対策法・高齢者雇用安定法・障害者雇用促進法・労働者派遣法・雇用保険法・健康保険法・国民年金法、厚生年金保険法


是正勧告の多いポイント


企業に、前触れなしに労働基準監督署の立ち入り調査により、法違反のの労働基準監督官がやってくることがあります。労働法令に違反していないかを調査するのです。法令違反しているものがあれば、改めるよう是正勧告(ぜせいかんこく)という行政指導が交付されます。「是正勧告」は主に、労働時間や安全基準、割増賃金など多岐にわたりについての指摘があり、なかでも労働時間に関しての違反は多い傾向にありますです。賃金不払い残業や違法な時間外労働をさせている企業がまだまだあるということでしょう。


時間外・休日労働、深夜労働に関しては、割増賃金を払わなければなりません。時間外労働と休日労働、深夜労働が重なった場合、重なった分だけの割増賃金を払わなければならないのです。労務担当者であれば、だれもが知っていることでしょう。しかし、従業員全員が同じ日に休み、同じ時間だけ働くという企業はありません。


シフト勤務形態をとっているところや24時間営業の企業であれば、勤務時間はよりもっと把握がしづらく、法令違反の労働を見落とす可能性が高くなります大きいと考えられます。「時間外労働なのか」「休日労働なのか」については、そもそも従業員自体もわかっていないのかもしれません。だれもが簡単にシフトを確認できる体制を整えていなかったために、「無意識のうちに残業代の不払いや不当な長時間労働になってしまった」という企業があるのではないでしょうか。


労務コンプライアンスリスクを軽減させるためには


企業としての労務コンプライアンスを怠ったことにより、メディアに取り上げられてしまっては、企業イメージがダウンすればし、企業の業績を悪化させてしまう可能性もあります。そのようなリスクを負わないためにも会社内で、労務法令に違反しないよう努め、体制を整えなければなりません。


労務コンプライアンスの徹底は経営者主導で行い、違反している場合は、根本からの改善に取り組まくまなければなりません。社員を含め企業全体の意識改革が必要です。企業が「なんとなく労務コンプライアンスはわかっている」という消極的で建前上の労務コンプライアンス活動は、何も変わらず企業のプラスにもなりません。経営者と社員一丸となってり見直しを行うことですると、労務コンプライアンスリスクの軽減につながります。


労務コンプライアンスリスクの軽減、予防するという点でもう一つ、シフト管理システム「シフオプ」の導入をおすすめします。従業員も「シフオプ」を使ってシフト要請をすることができるシステムです。いつでもどこでも従業員の時間外や休日労働の把握ができるので、超過勤務を未然に防ぐことができます。


不当な長時間労働や残業代の不払いなどのリスク軽減に直結するシフト管理システムです。「シフオプ」には、シフト作成段階でこれまでのシフト管理システムになかった労務規定違反やリスクのあるシフトに対してアラートの「警告」を表示します。予定の段階で違反に気付くことにより、リスクの軽減につながります。労務違反を未然に防ぐことができるうれしい機能付きです。


突然の労働基準監督官の訪問に慌てる必要がなくなりますね。また、システム利用に関しては、権限の設定もできるので、従業員の個人情報なども守ることができます。


まとめ


労務コンプライアンスにおいて、の大切さは、企業もわかっているものの、まだまだ監督指導を受けている企業が多いのが現状ですは多く、労務コンプライアンスが浸透しているとはいえません。そのため、社内の体制を見直すことはとても大切でと言えるでしょう規則を見直してみることは大切といえます。シフト組みの段階で違反従業員の労働状態を把握できるシステムを活用して、法令違反時間外・休日労働の賃金不払いや超過勤務を回避しましょう。CSRの発展につながり、企業にとってプラス効果となります。ぜひ、シフト管理システム「シフオプ」の導入を検討してみませんか。


シフオプの詳細はこちら。

お問い合わせ・資料請求はこちらから

人気記事ランキング

タグ一覧