catch-img

シフト制勤務の人手不足は店舗間ヘルプで改善

多店舗展開をしている場合は、店舗の管理やクオリティの担保、スタッフの確保など、店舗数と比例して課題も多くなります。

とくにスタッフの確保においては、人手不足が慢性化している背景もあり、解消が困難です。
しかしながら、店舗間が連携できる環境を整えることにより、人手不足の解消につながるケースもあります。

本記事では、複数の店舗を運営するときの課題点をはじめ、店舗の人手不足を解消するためのヘルプ運用について解説します。


目次[非表示]

  1. 複数店舗を運営するときの悩み
  2. シフト制アルバイトは人手不足…。解消のポイントとは
  3. 店舗間ヘルプの注意点とポイント
  4. 複数店舗のヘルプ体制はシフオプがおすすめ
  5. まとめ


複数店舗を運営するときの悩み

飲食店やコンビニエンスストアといったサービス業では、事業拡大のために店舗数を増やしたり、フランチャイズ展開したりすることがよくあります。

ところが複数の店舗を運営する場合、1店舗だけの運営とは異なり、さまざまな問題が発生します。


店舗が増えるにつれて経営管理が複雑に

店舗数が増えるにつれて、複数の店舗を維持する費用や人件費といった必要経費が増加し、経営管理が複雑化します。

とくに、店舗ごと個別で必要経費や売上予算などの管理をしている場合、本社・本部からは店舗の実態が把握できなかったり、共有や報告が漏れることにより、それらが経営に影響を与えたりするリスクも考えられるでしょう。
各店舗個別に管理するのではなく、全店舗の情報を網羅できるような一元管理が理想です。


クオリティの維持が難しい

店舗を複数展開する場合、各店舗で提供するサービスや品質の質に差が生じ、クオリティの維持が難しいといわれます。
各店舗のスタッフが同じクオリティでサービス・商品を提供するための“業務マニュアル”の作成・統一化が必要です。


人手が不足しがちに

多店舗展開によって人手不足の問題も生じます。
地域によってアルバイトが集まりにくかったり、生え抜きのスタッフが新店舗の店長へ異動になることで、その分の穴が空いてしまったりと、人手不足が起きる原因はさまざまです。
また、人手不足は既存スタッフの負担増加にもつながるため、できる限り早急な改善が必要です。改善策について次の項で詳しく解説します。



シフト制アルバイトは人手不足…。解消のポイントとは

近年、どの業界でも人手不足が深刻であり、特にサービス業はその影響を強く受けているといわれています。

店舗を支えてくれるアルバイトが不足し、店舗の経営に苦戦する経営者も少なくありません。
人手不足を解消するための方法としては、次の3つが挙げられます。


①綿密なコミュニケーションでシフト交渉を円滑に

人手不足にならないよう、定着率を高めるためにパートやアルバイトが楽しく仕事ができる環境が大切です。
日頃からスタッフとのあいさつや会話を通してコミュニケーションを取る姿勢を全店舗で定着させましょう。


また、スタッフが抱える仕事への悩みを解消するために定期的な面談の機会を設け、スタッフそれぞれのスキルアップをサポートすることも信頼関係を向上するうえで重要な時間です。管理者との信頼関係が構築され、かつ店舗内のコミュニケーションが良好であると、店舗に対する求心力が生まれ、シフトの交渉にも役立ちます。


②インセンティブでスタッフのモチベーションを向上

インセンティブは明確な対価になるため、従業員のモチベーションアップにつながります。
人手が不足している曜日や時間帯にシフトに入ってくれるスタッフや、急なシフトに対応してくれたスタッフに対してインセンティブの支給を検討してみるのも、人手不足を解消する方法のひとつです。


③店舗間のヘルプ体制を構築

複数店舗を展開している場合、店舗同士でヘルプ連携ができる体制を作るのも手段のひとつです。
店舗単体では解消できない人手不足の問題を、店舗間で連携することにより解消できるケースがあります。



店舗間ヘルプの注意点とポイント

店舗間でのヘルプ体制を構築するにあたっては、押さえておきたい注意点もあります。


シフトのサイクルを揃える

店舗ごとにシフト作成のスケジュールが異なると、スタッフが余剰する店舗を特定できず、ヘルプの依頼が遅延してしまいます。
可能であれば、「毎月〇日までにシフト作成を完了する」というシフト作成のスケジュールを定め、全店舗共通にしましょう。


交通費のルールを全社で統一

ヘルプに入るスタッフの交通費は、ヘルプ元が負担するのか、ヘルプ先が負担するのかを明確にしておきましょう。
人件費の管理で不都合やトラブルの発生を防ぐためにも、事前にルールを決めておくことをおすすめします。


労働時間を遵守する

ヘルプに入るスタッフの労働時間に注意しましょう。
たとえば、午前中は自身が所属する店舗で働き、午後は他店舗へヘルプで入ったという場合、一日を通した労働時間を合計する必要があります。
合計の労働時間が法定労働時間を超えてしまうことがあるため、俯瞰的に把握できる適切なシフト管理が必要です。



複数店舗のヘルプ体制はシフオプがおすすめ

複数店舗を経営するときは、シフト管理システム“シフオプ”の導入が便利です。
全店舗のシフトをオンラインで一元管理できるため、リアルタイムで本部・本社から確認することも可能です。


さらに、シフオプには“ヘルプ募集機能”が備わっており、人手が足りていない店舗が全スタッフに対してヘルプ募集を一斉通知できます。これにより、スタッフが足りていない店舗が人手を確保するための手助けが可能になります。


また、これまでカレンダーやExcelで管理していたシフトを管理画面上で行えるようになるため、シフト作成と管理の業務負担が大きく軽減されます。シフト管理業務の軽減、そしてヘルプ募集の体制を構築し、人手不足の解消に役立ててみてはいかがでしょうか。



まとめ

今回は、多店舗展開における経営管理の複雑化や人手不足といった課題について触れました。
店舗単体で解消できない人手不足の問題は、店舗間で連携を図ることで解消できるケースもあります。店舗間でヘルプ連携をとり、人手不足の解消に向けてみてはいかがでしょうか。

また、シフト作成のサイクルが統一されていなかったり、交通費や労働時間について明確なルールや管理が行われていなかったりすると、スタッフへのヘルプ募集も困難です。ヘルプ体制の構築と同時に運用フローの取り決めも行いましょう。

シフオプは、オンライン上でシフト管理が行え、労働時間をはじめとするコンプライアンスの強化機能も搭載されています。人手不足を補うためにも、導入をご検討ください。

お問い合わせ・資料請求はこちらから