Original

業種別シフトの特徴。異なる傾向や作成例

アルバイトを管理するうえでシフト管理は非常に重要です。

シフト管理といっても業種ごとに特徴やポイントが異なるため、きちんと理解しておくことが大切です。

今回は、飲食業・小売業・サービス業・製造業のシフトの特徴について紹介します。ポイントをおさえてシフトを作成し効率の良いアルバイト管理を行いましょう。


目次[非表示]

  1. 業種ごとに違う!シフトの特徴
  2. 業種別!飲食業アルバイトのシフトの特徴
  3. 業種別!小売業アルバイトのシフトの特徴
  4. 業種別!サービス業アルバイトのシフトの特徴
  5. 業種別!製造業アルバイトのシフトの特徴
  6. 特徴を理解してアルバイトを管理することが大切
  7. まとめ


業種ごとに違う!シフトの特徴

アルバイトであっても業種によって、シフトの特徴が異なります。それでは業種ごとのシフトの特徴についてご紹介します。


飲食業

現在、人材不足が目立つ飲食業では一人あたりの労働時間が長くなってしまう傾向にあります。休日や祭日が飲食業の繁忙期となるため、その期間の調整がポイントです。

関連記事:飲食店のシフト表の作り方と注意点。ツール活用で急な変更にも対応


小売業

たとえばコンビニエンスストアの場合、24時間営業をしていることが前提のため深夜割増料金を考慮してシフトを組みます。また、時間帯や天気などで顧客数が変動するため、人件費を考慮した効率の良いシフト管理が必要です。

関連記事:コンビニのシフト表を効率的に作るには。シフトの決め方と注意点


サービス業

たとえばコールセンターや事務職では、決まったパターンでシフトが組まれることが一般的です。繁忙期はシフトの組み方を変えなくてはなりません。

関連記事:コールセンターのシフト表の特徴|自由度の高さはシフト表にどう反映される?


製造業

工場の場合、仕組みがとても複雑になっています。誰がどの工程をいつまでやっていたかをしっかりと把握する必要があるからです。でき上がった製品はほかの工程で必要なため工場内での連携の把握が必要となります。

関連記事:工場のシフト表の特徴|交代勤務シフトはパターンが豊富!


業種別!飲食業アルバイトのシフトの特徴

飲食業には接客担当や調理担当、そしてそれらを管理する店長が勤務しています。

役割を分担ことで忙しい時間帯や時期などを効率良くこなしていきます。

そうした飲食業のシフトは次のようにして作成していきます。

  1. 働く希望日をスタッフ全員から集める
  2. 集まった内容を基準にしてシフトを組む
  3. スタッフの足りない日があれば個別に声を掛け人員を調整す

シフトができ上がったあとはほかのスタッフの休みも把握しなければなりません。これは欠員が出た時にすぐさま補充できるように体制を作るためです。昨日働いたスタッフに欠員が出たからといって今日呼び出す訳にはいきません。

シフト管理にはお店の売上との兼ね合いが前提として必要ですが、それ以上にスタッフとのコミュニケーションが大切になってきます。


業種別!小売業アルバイトのシフトの特徴

たとえばコンビニエンスストアの場合、24時間営業の場合が多く、早朝・深夜割増料金を考慮してシフトを組みます。時間帯で顧客数が変動するため、人件費を考慮した効率の良い人数の配分が必要です。

コンビニエンスストアのシフトの作り方は以下のようになります。

  1. 事前に週何回勤務可能かを聞く
  2. 従業員のシフト希望を提出してもらう
  3. 新しくシフトが始まる一週間から二週間前に希望を調整する
  4. でき上がったシフト表を従業員に確認してもらい、実施

このようにシフト表を作っていきますが、シフトを作る管理者は休日や祭日など混むことが予想される日をあらかじめ知っておかなければなりません。

なるべく従業員のスキルを考慮し、安定して店舗運営できるようなシフトを組むようにし、効率よく業務を行えるようにしましょう。


業種別!サービス業アルバイトのシフトの特徴

コールセンターや事務職では、繁忙期といった特別に人員を集めたい時以外は希望シフト制、固定シフト制がよく用いられます。

希望シフト制はスタッフの希望を聞いてその希望に沿う形でシフトを組み、固定シフト制は決まったパターンのシフトで勤務してもらう形になります。固定シフト制の場合であれば管理は簡単なものになりますが、希望シフト制は調整が多く発生し、より複雑な管理が必要です。

希望シフト制の作成手順は以下のようになります。

  1. スタッフの出勤日の希望を聞く
  2. 必要人員の把握
  3. スタッフの希望に沿って出勤日を割り当て、過不足があればこの段階で調整
  4. でき上がったシフトをスタッフに確認してもらう
  5. シフトの実施

コールセンターでは突然の人員不足に対応するために一斉メールの配信で手の空いている人を募集することもあります。ただ、自由な時間で働けることがメリットになっているためシフト調整時にトラブルも起こりやすいため、事前に対策しておくことをおすすめします。

業種別!製造業アルバイトのシフトの特徴

製造業のシフト管理は難しいとされています。その原因として、業務内容が細分化されていることと工数管理があります。一つの工場で一つの工程だけを行っているわけではなくラインで動いているので、同じ工場内でも連携が必要だからです。

たとえば工程Aで製造されたものが工程Bでの製造で必要となってくる場合には、工程Aのスケジュールを元に工程Bのスケジュールが考えられます。こうした製造業でのシフト作成はこのように行われます。

  1. 受注データや在庫データなどから生産計画を立てる
  2. 必要な人員数を割り出す
  3. 従業員から出勤希望を聞く
  4. ほかの部署の工程と連携できるように割り振り
  5. シフト表を公開し、従業員に確認してもらう
  6. ほかの部署の管理者とシフト表の最終確認を行う
  7. シフトの実施

一人の管理者が独立してシフトを決めることはありません。製造業には納期があるのでそれに合わせ余裕を持ったスケジューリングを行います。


特徴を理解してアルバイトを管理することが大切

どの業種でもアルバイトのシフト管理はとても重要です。

どの業界もますます人員が不足することが予想されています。効率良くシフト管理を行わなければ人員が不足し、業務に支障が生じてしまうこともあります。今まで行っていた店舗マネジメントを見直す必要性があり、シフト管理、アルバイト管理ともに今まで以上に繊細に対応していかなければなりません。


まとめ

企業が生き残っていくためにはシフト管理が非常に大切です。今回ご紹介したように業種ごとにシフトには特徴があり、組み方のポイントも異なります。シフト作成のポイントをおさえてアルバイト管理を確実なものにしていきましょう。

多様な業種に対応のシフト管理システム「シフオプ」の詳細はコチラからお問い合わせください。



人気のコラム

まだ手作業?イマドキのシフト管理はアプリで効率化!

管理職必須!社員やアルバイトの仕事を管理するコツ

アルバイト管理の秘訣とは?成功のポイントやうまくいかない理由

「交代勤務(シフト勤務)」とは何か|現場にマッチするシフトのパターンを見つけましょう!


人気のコラムをもっと見る



お問い合わせ・資料請求はこちらから

人気記事ランキング

タグ一覧