catch-img

工場のシフト表の特徴|交代勤務シフトはパターンが豊富!

お客様のニーズに応えて、良いものを短時間で作るためには、生産工場は長時間稼働させておくと効率が良いです。また、大規模な発電設備やボイラーなど、一度止めてしまうと再稼働に時間のかかる設備がある工場の場合、生産を途中で止めることができません。


このように、連続または長時間連続して稼働させる工場では、作業する人たちを休ませるためにシフトを作り、交代制をとっています。ここでは、工場でどのようなシフト形態があるのかをはじめ、工場のシフトを組む際の難しさや、具体的にシフトを作成する際の組み方のコツについて紹介します。


目次[非表示]

  1. 「工場のシフトでよくあるパターン」
  2. 「工場のシフト作成の難しさ」
  3. 「工場のシフト作成のコツ」
  4. まとめ


「工場のシフトでよくあるパターン」

工場では、2交代制や3交代制といった勤務形態が多いです。どの時間に何日連続で働くのかという状況により、班に分けるなどしてシフトを組みます。できるだけ効率よく働いてもらうために、2班もしくは3班に分かれてシフトを組むことが多い傾向にあります。


2直2交代制

2班で2交代制をとるシフトのことです。勤務時間の例は以下のとおりです。

早番:8:00~16:00

遅番:16:00~24:00


2交代制では、入れ替わりを前提にシフトが組まれます。例のように、工場が停止している時間帯がある場合、2交代制でも問題なく働くことが可能です。しかし、24時間稼働させる工場の場合は、休みなく12時間労働を続けることになり、働く人の負担になります。そこで、工場を24時間稼働させるのであれば、3班に分けておくとより働きやすいシフトになるでしょう。


3直3交代制

3班で3交代制をとるシフトのことです。勤務時間の例は以下のとおりです。

日勤:8:00~16:45

準夜勤:16:00~翌日0:45

夜勤:0:00~8:45


作業者の1日の働く時間が8~9時間程度に抑えられるので、心身の負担を抑えることができます。また、人の入れ替わりが緩やかなので、日勤時間帯で起こったことを準夜勤に引き継ぐなど、情報伝達や意思疎通が比較的スムーズに行えるでしょう。


3直2交代制

3班で2交代制をとるシフトのことです。勤務時間の例は以下のとおりです。

日勤:9:00~21:00

夜勤:21:00~翌日9:00


土日や祝日などにかかわらず常に工場を稼働させるため、3班に分けて早番、遅番、休みと分担します。「日勤4日→休み2日→夜勤4日→休み2日」「日勤3日→夜勤3日→休み3日」など、ローテーション方法は状況により使い分けできます。同じような考え方で、4直3交代制なども、24時間勤務に適しているシフトの組み方です。


「工場のシフト作成の難しさ」

工場には、多くの勤務形態があります。シフトを組む場合は、「班をいくつに分けるのか」「各班のメンバーに何時から何時まで働いてもらうのか」など、検討すべきことが多くあります。まず重要なのは、休日の確保です。夜勤が続くと、昼夜逆転になってしまい生活リズムが乱れるので、法律や社内規定に準じ適度なタイミングでローテーションを行います。


また、閑散期と繁忙期がある場合には、勤務量の調整も必要です。閑散期でも、工場のメンテナンスや改善活動を行うなどして仕事量を確保することがあります。それでも仕事が不足する場合は、時短勤務や休業日を設けることもあるでしょう。


一方、繁忙期の場合は、工数を確保するという方向での勤務調整を行います。最も一般的なのは、今いる従業員に残業や休日出勤をしてもらって対応することです。そのほか、外注で臨時の応援を頼んだり、パートやアルバイトを雇ったりして対応することもあります。


このように、工場勤務のシフトは常に一定とは限らず、閑散期と繁忙期の仕事量の違いや、日勤夜勤、残業、休日出勤に柔軟に対応してシフトを組み替えます。機械的にシフトが組めない点が、工場のシフトを作成する際の難しさのひとつです。また、夜勤など労働条件が厳しい場合、繁忙期で人を補充しようとしても希望者が集まりにくく、今いる従業員に負担をかけてしまう問題もあります。


「工場のシフト作成のコツ」

工場でシフトを作成する際のポイントは、まずシフト作成に時間をかけすぎないということです。シフトを検討する際は、カレンダーを見ながら各従業員の休みの希望日や日勤夜勤などの希望を確認します。しかし、必ず従業員の希望通りに休みが取れるとは限りません。


働く側も、働く時間が日勤や夜勤などそのときどきで変わる可能性があると承知しているからこそ、あらかじめシフトが出ていないとプライベートの予定に影響してしまうかもしれません。


ただし、ある程度勤務パターンが決まっていれば、そのような問題を少なくすることができるでしょう。勤務パターンと従業員の班分けをあらかじめ決めておいて、それを順番にあてはめて運用できれば、従業員側も自分のシフトを予想して行動しやすくなります。


さらに、管理は難しくなるものの、変形労働制を活かせば、8時間勤務と12時間勤務を組み合わせるといったシフト作成が可能です。その結果、限られた人数で効率的に仕事がすすめられるようになります。


その際、ただ人手があればいいということではありません。従業員の経験についても考慮し、新人だけでシフトを固めることがないように、スキルレベルもバランスよくなるように検討しましょう。


まとめ

長時間稼働する工場では、従業員を複数班に分けて2交代制や3交代制で勤務するのが一般的です。シフト表の組み方のポイントは、従業員を班分けしてシフトのパターンを複数用意しておくことです。ただし、勤務パターンが複数になるほど業務効率は上げられるものの、シフト管理はより複雑化します。もしシフト管理を負担に感じている場合には、システムを導入することも検討しましょう。

工場のシフト管理に適したシフト管理システム「シフオプ」はこちら


人気のコラム

バイトの人手不足で仕事が回らない問題の改善に「シフオプ」で現状把握を!

人手不足を解消したい!そんな悩みの解決におすすめの「シフオプ」とは?

バイトのシフト希望がなかなか集まらない!問題を解決する「シフオプ」

管理職必須!社員やアルバイトの仕事を管理するコツ


人気のコラムをもっと見る

お問い合わせ・資料請求はこちらから

人気記事ランキング

タグ一覧