catch-img

飲食店のシフトの特徴 シフト管理サービスを使った効率の良いシフト作成の方法

飲食店は従業員の中でも正社員の割合が少なく一日の中で多くのアルバイトスタッフが勤務にあたります。営業をしながら空いた時間を見つけて効率よくシフトを作成するためには、飲食店のシフトの特徴を理解しなければなりません。今回は飲食店のシフト作成における特徴、効率の良いシフト作成の仕方を紹介します


飲食店のシフトの特徴

飲食店のシフト作成は次の流れで行われます。

・希望を収集する(提出が遅れている人がいればフォローする)

・提出されたシフトをもとにシフトを組んでいく

・人が足りない箇所などがあれば、入れる人がいないか声をかける

・確定したシフトを広報する


シフトを組んでいく中で飲食店ならではの特徴や気を付けていくべき点について紹介します。


ピークの時間が決まっている

1つ目は時間によって利用客が多い時間帯、少ない時間帯がはっきりしている点です。基本的にランチタイム(12時~14時)、ディナータイム(18時~21時)が飲食店の混雑する時間帯といわれています。この混雑する時間帯や、曜日を考慮して人員を配置することが大切です。


ポジションが分かれている

2つ目はポジションが分かれている点です。ホール、キッチンなど専門的な仕事に分かれており、ただ人数をそろえるのではなくポジションごとに必要な人数を確認し適切に配置することが大切です。またその中で、新人やベテランなど能力も考慮しバランスよく人員を配置します。


シフト作成の注意点

効率よくシフト作成するために

お店を営業しながら、限られた時間の中で効率よくシフトを作成するためにシフト管理サービスを導入するのがおすすめです。シフト管理サービスの「シフオプ」には、手書きやエクセルでのシフト作成に比べて、いつでも自身の携帯電話からシフトの提出ができたり、収集したシフト希望が自動で転記されたり、効率よくシフト作成ができる機能がたくさんあります。その中でも飲食店のシフト作成を行う際に非常に便利な機能を紹介します。


時間帯別必要人数の色別表示

時間帯ごとに必要な人数に対してシフトの希望が多い、少ないが色別で表示される機能があります。あらかじめ曜日、時間帯ごとに必要な人数を登録しておくことで、スタッフからの希望が反映された際に人が足りてないところは赤、多すぎるところは黄色、適切な人数の場合は青と色が分かれて表示されます。一目見ただけで人の過不足がわかるので、わざわざ手作業で数える必要もなく調整作業もスムーズに行えます。




ポジションごとのシフト表示

ホール・キッチンなどのポジションを分けて表示させることができます。また先ほど述べたようにそれぞれに必要な人数に対しての過不足を色別で表示させることができます。


また、個人の能力に合わせてホール・キッチン両方できる人はどちらにも希望を出せる、ホールだけができる人はキッチンに希望を出せないなどのカスタムもできます。

まとめ

今回は飲食店のシフトの特徴と効率の良いシフト作成の仕方を紹介しました。飲食店の特徴を理解し、効率よくシフトが作れるよう参考にしてみてください。シフト管理サービス「シフオプ」なら今回紹介した昨日のほかにも近隣の店舗にヘルプを募集できる機能などもあります。詳しい内容についてはコチラをご覧ください。

資料ダウンロード


お問い合わせ・資料請求はこちらから