catch-img

シフト制と固定制の違いは?効率よくシフト作成をするためには

お店を経営していくうえで欠かせないアルバイトスタッフ。そのアルバイトの働き方で重要な「シフト」。シフトにはどんな種類があり、また、どんな特徴があるのかを紹介します。


固定制とシフト制

現在の日本でアルバイトの働き方は大きく「固定制」と「シフト制」に分けられます。

固定制は、曜日や時間が職場によって定められていてその中で勤務をする働き方です。主に事務職、コールセンターなどのオフィスワークに取り入れられており、例えば9:00~18:00 週5日といったような募集がされることが多いです。

一方シフト制は、曜日や時間を同じ場所で働く従業員と交代で勤務する働き方です。コンビニ、スーパーマーケット、病院など営業時間の長い職場で採用されることが多いです。例えば9:00~23:00の営業時間の中で早番・中番・遅番などの時間区分でそれぞれ交代で働く働き方です。


シフト制の種類

アルバイトで働く人たちの多くに採用されているシフト制をさらに分類すると大きく「自由シフト制」「固定シフト制」の2つに分けることができます。その2種類について説明していきます。


自由シフト制

自由シフト制とは、シフトの申請期間の中で自分が入れる日にち・時間を自由に申請し働く働き方です。自分の都合に合わせてシフトを申請することができるので、自分のプライベートや学業を優先した働き方をすることが可能です。バイト以外の時間を有効に使いたい方などに向いている働き方といえます。                          

固定シフト制

固定シフト制とは、シフトの申請期間の中で曜日・時間をあらかじめ固定して働く働き方です。決まった曜日時間に働くことで早く仕事に慣れることができるでしょう。働きたい時間があらかじめ決まっていたり、安定して収入がほしい人に向いている働き方といえます。

                                         

それぞれのメリット・デメリット

ここまで自由シフト・固定シフトの説明をしましたがそれぞれのシフト制にはメリット・デメリットがあります。そのメリット・デメリットを説明します。


自由シフト制

自由シフト制のメリットは、なんといっても自分の都合に合わせた申請ができるという点です。旅行や学校のテスト期間などまとまった期間休みを取りたい際は、その期間を空けてシフトの申請を出すことが可能です。プライベートや学業を優先させることが容易です。休みがとりやすい一方、まとまった休みを取る場合はその期間働けないため収入が減ってしまうことになります。予定が多く空いている月や稼ぎたい月はたくさんシフトに入ることで収入を増やすこともできます。デメリットとしては、申請したシフトのすべてが通るわけではないため予定が立てづらいといった面があります。そして、自分の都合だけではなく職場との兼ね合いも気を付けていかなければなりません。人が足りない時間や曜日に出勤をお願いされた場合は柔軟に対応していく必要があるでしょう。

固定シフト制

固定シフト制のメリットは、働く曜日や時間が決まっているため予定が立てやすいことや、安定的な収入を得やすいことがあげられます。また、曜日や時間が決まっていることから仕事に慣れやすい点もメリットです。一概には言えませんが、時間によってお客様の入り具合、その時間にやらなければならない仕事にはある程度決まりがあります。飲食店に例えると、開店前から閉店までに「仕込み→ランチ営業→ディナー営業→片づけ」といったような一日の流れがあると思います。働く時間が決まっていればある程度業務内容が固定化され仕事が覚えやすくなるといえるでしょう。一方デメリットとしては、急な休みがとりづらいことです。決められた曜日や時間に働くことを前提にしているため、急に休みがとりたい場合代わりに働く人を用意するのが難しい場合があります。

                           

効率よくシフトを作成するには

ここまでシフト制の種類について説明しましたが、シフトを作成する側はどういったことに気を付ければ効率よく作成できるのでしょうか。

固定シフトを採用している職場、自由シフト制を採用している職場、または両方が混在している職場と様々な職場が存在しています。どのシフト制であっても作成するのは時間や労力がかかります。収集したシフトを間違いなく転記するのに時間がかかったり、その後適正な人数に調整したりするのに頭を悩ませたりと苦労は絶えません。また、シフトを提出するアルバイトも毎月紙やメッセージアプリ、メールなどで希望の日時を打ち込むのに手間がかかったり、うっかり提出期限が過ぎてしまったりすることもあるでしょう。そんな様々な悩みを解決するのがシフト管理システムの「シフオプ」です。

シフト作成者の悩みの種「転記作業」はシフオプを利用すれば、アルバイトの人が提出したシフトが画面上に自動で反映されます。転記ミスにより希望していないところに間違えてシフトを入れてしまう心配もありません。また調整に関しても自動で反映された画面上で多いところを削ったり、足りないところを入ってもらえるよう提案したりすべてシフオプの画面上で作業できます。

アルバイトの人も自身の携帯電話からいつでもどこでも申請できるようになり非常に便利です。また固定シフトの場合はあらかじめ曜日、時間のパターンを登録しておけば、そのパターンを使って簡単にシフトの申請することができます。また、完成したシフト表もオンライン上で確認ができるためシフトを確認するためだけに職場に行くということもなくなります。そしてシフトの申請前や、出勤日の前に通知で知らせてくれる機能もあるため忘れてしまう心配もありません


まとめ

今回はシフトの種類について紹介しました。固定制・シフト制について理解し、自分に合った働き方ができるようにしましょう。また、シフトを作成する側も自分のお店にはどんな制度があっているのかの参考にしてみてください。そして時間や労力のかかるシフト作成を効率よく行うために「シフオプ」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ・資料請求はこちらから