Original

バイトの人手不足で仕事が回らない問題の改善に「シフオプ」で現状把握を!

昨今、多くの企業は、人手不足に悩まされています。これは、飲食業や小売業、サービス業などにおいてとても深刻な問題です。アルバイトやパートの必要人員を確保できず、現行の従業員やパート・アルバイトの大きな負担になっていることも少なくありません。今後、超高齢化社会への道を突き進むと考えられている日本において、避けて通ることのできない問題でもあります。


アルバイトやパートの人手が集まらず、仕事を円滑に進められない企業において、どのような改善策があるのでしょうか。ここでは、人手が集まらない原因やシフト管理の方法に着目して、改善策を探っていきましょう。


目次[非表示]

  1. バイトの人手不足で仕事が回らない原因は?
  2. バイト採用がうまくいかない理由は?
  3. 効率的に人手不足を解消するには?
  4. シフオプで人手不足になっている現状を把握しましょう
  5. まとめ


バイトの人手不足で仕事が回らない原因は?

慢性的な人手不足が原因で、「仕事がどうにも回らない」「アルバイトやパートが集まらない」といった悩みを抱えているケースも多いかもしれません。ここで今一度、人手不足の原因を考えてみましょう。


まず、あなたの職場は業務量や時間、人員のバランスが取れているでしょうか。人件費を削減しようと、最少人数で仕事を回しているなかで、このバランスが崩れ、一人当たりの労働量がオーバーしてしまうケースがあります。こうしたケースでは、アルバイトにとってかなりきつい労働環境となりがちす。貴重な労働力の損失にもつながりかねません。労働力人口が減少する傾向にあるなかで、業務量や時間、一人あたりの労働量のバランスを取ることが重要です。無理なく働ける環境を用意すること」「今ある労働力を失わないこと」を意識していきましょう。


さらに、「働きたくても働けない」「シフトの希望が通らない」といった不満がないかどうかも確認します。シフトの希望を出したにも関わらず、時間帯や曜日の調整がつかず、働けない状態にあるのは、せっかくの労働力が活かされていない状態。こうした、働きたいにも関わらず働けない労働力を「潜在労働力」といいます。


現在の労働力をうまく活用するために、人材のニーズを把握し、うまくマッチさせるように心がけ、働き手が離れる原因をなくしていくことが大切です。


バイト採用がうまくいかない理由は?

今ある人材を活用するために、まずは職場の環境を整えていきましょう。固定シフトを廃止したり、地域の平均以上の時給金額を提示したり、休みの希望を叶えたりすることは重要です。こうした方法で現在の労働環境を改善し、せっかくの労働力を失わないように工夫していきましょう。


さらに、それと同様に大切なのが、アルバイトの採用がうまくいかない理由を探ること。これは、「採用力を上げる」ことと同義です。実は、早期にアルバイトを離職する人材の多くが、面接を受ける段階から何かしらの不満を抱いていたという調査結果もあります。


こうした不満の原因は、面接する側が応募者の人となりや条件を把握することに終始してしまいがちな点です。その職場で働くメリットや業務内容、どのような待遇であるかについて十分に説明できていない可能性があります。


応募してきた人材が、面接の段階で「この職場で働きたい」「ここで経験を積んでみたい」と思えるように意識することが必要です。きちんとした教育プログラムが整っていることなどを伝えて不安を解消し、人材の「受け入れ力」を高めていきましょう。さらに、「面接の際の話と実際が違う」と後でクレームをいわれないように、待遇についても面接時にしっかりと説明しておく必要があります。


効率的に人手不足を解消するには?

全般的な改善策の次は、より効果的な方法がないかを考えてみましょう。効率を求めるためには、下記のような具体的な対処も必要になります。


・どの時間帯や曜日に人手不足なのか

・各時間帯や曜日の必要最低限の人員数はどれほどなのか


さらに、さまざまな制約があって働きたくても働けなかった人材を積極的に採用したり、現行のスタッフの「働きたい」という要望を汲み取れる環境整備をしたりすることも大切になります。そのためには、勤務時間をこまめに調整し、店舗間で情報を共有することが必要です。


また、働きやすいと感じてもらえるように、「希望通りに働けるよう調整する」「一人あたりどれほどの時間、勤務してもらえるかを提示する」などを行い、月の収入を予測できるようにしてください。


組織的にこうした仕組みづくりを行えば、現行のスタッフが「働きたいと思っている時間」や「働くことができる状態」を活用することができます。これは、それまでうまくシフトを調整できず、眠らさざるを得なかった労働力(=「潜在労働力」)を活用することでもあります。


また、新規スタッフの「採用力」を向上させ、企業力をアップさせることにもつながるでしょう。


シフオプで人手不足になっている現状を把握しましょう

ここまで、人手不足になる原因、人材を採用できない原因、人材不足解消のための効率的な方法などを確認してきました。しかし、会社が長年にわたって採用してきた方法を見直し、改善していくというのはなかなか難しいものです。「具体的な改善策が思い浮かばない」「現状が把握できない」ということも予想されます。


ここで、おすすめしたいのがシフト管理システムを活用することです。シフト管理システムを用いれば、スタッフの勤務時間を細やかに調整したり、近隣店舗と情報を共有したりすることも容易になります。さらに、アルバイトやパートそれぞれの要望を聞き入れることも難しくなくなり、スタッフの満足度を上げながら、最適な方法で人材を活用することができます。


現在、数々のシフト管理システムが存在するなかで、特にご紹介したいのが「シフオプ」です。シフオプを使えば、スタッフの希望勤務時間を自動的に画面に反映したり、勤務時間を調整したりしてくれるため、シフト管理者の手間を省くことができます。


ヘルプ出勤依頼機能などがあるため、シフトが埋まりにくい時間のヘルプ依頼もスムーズです。それ以外にも、近隣店舗のシフト表を共有できるので、他店舗へのヘルプ依頼もよりスムーズになります。現行のスタッフの「潜在労働力」を活用するためにも、ぜひ「シフオプ」をご活用ください。


まとめ

2018年1月度の労働市場データを見ると、全般的な有効求人倍率は1.59倍でした。パート・アルバイトでは、1.83倍です。さらに、接客業のアルバイトにおける有効求人倍率に限れば、7.77倍にもなります。こうした労働力の低下に具体的な対策を講じず、手をこまねいていては、人手がまったく足らない状況にも陥りかねません。


現行のスタッフの「潜在労働力」を活用すると同時に、「採用力」を高めることが求められるなかでおすすめしたいのが、シフト管理システムの導入です。こうしたシステムを導入することで、シフトの作成時間を大幅に省けるだけでなく、「スタッフ一人ひとりの要望に応える」「より効率的な人材活用術に目を向ける」ということができるようなります。


シフト管理システム「シフオプ」などのサービスを活用することで、人材不足を解消し、採用を成功させる道筋を描いてみましょう。アルバイト採用は、現在、経営的な課題の中心でもあります。一人ひとりが当事者意識や責任感を持ち、環境問題の改善などに取り組んでいってください。


「シフオプ」の詳細はこちら。


お問い合わせ・資料請求はこちらから

人気記事ランキング

タグ一覧