Original

なぜ人手不足?各業界の現状や原因、対策について

現在、社会的に人手不足が問題視されています。

そのため、人材管理を行っている方の多くが人材の確保に悩まれているでしょう。

人手不足を解消できないと、事業を円滑に進めることができませんので、現状や原因、対策の知識を深めることが大切です。

そこで今回は、人手不足の現状と原因、対策について解説していきます。


目次[非表示]

  1. 2018年、人手不足の現状と傾向
  2. ##なぜ「人手不足」は止まらないのか
  3. 今後はどうなる?
  4. 人手不足解消のために「今できること」
  5. まとめ


2018年、人手不足の現状と傾向

産業別人手不足感

(引用:厚生労働省│人手不足の現状把握について) 


現在の日本社会では、特に「運輸」「その他サービス」「医療・福祉」「宿泊・飲食」「建設」といった分野の人手不足が問題視されています。

各業界のそれぞれの原因として、

  • 運輸業界-需要の増加
  • その他サービス業界-賃金の低さ
  • 医療・福祉業界-不規則な勤務時間、業務量
  • 宿泊・飲食業界-労働時間の長さ、賃金の低さ
  • 建設業界-若年層不足、需要の増加

などが挙げられます。


また、大企業と中小企業で比較すると、中小企業側が人手不足を感じるケースが多い傾向にあります。

これは、全ての業界で新たな人材を確保することが難しい現状で、人的コスト見直しなどの人材不足への対策を打つことが大企業と比べ難しいことが原因の一つです。

また、ほかの原因として、企業側が新人を研修する時間が無いことや、安定性、将来性が大企業と比べて低いため人材が集まらないなどの問題も挙げられます。

関連記事:人手不足が深刻な4つの業界。その現状について


##なぜ「人手不足」は止まらないのか

人手不足が止まらない主な理由に、

  • 労働人口の減少
  • 非正規雇用の増加
  • 若い層の離職率増加

などが挙げられます。

これらの原因は一つ一つの問題ではなく、それぞれが絡まり合っています。

現在の日本では、少子化により、定年で退職していく労働者に対して、新規労働者が少ないという問題があります。

これは、総合的な労働者の減少につながります。

また、非正規雇用の規制が緩和され、正規雇用との待遇格差も大きくなっています。人材が集まりにくくなり、採用したとしても、定着しないことがほとんどです。

さらに、ライフスタイルを重視する若い層が増え、少しでも条件が気に入らないと、離職または転職してしまいます。

このように人手不足は、さまざまな要因によって起こり、解決するためにはいくつかの対策を取る必要があります。

関連記事:原因は企業の体制にある。人手不足の本当の理由とは?


今後はどうなる?

人材確保するために、今後取り組むべきこととしては、若手労働者の離職を防ぐことが挙げられます。

若い層に、将来の不安を感じさせないような待遇を整えて、スキルアップができるような環境を作る必要があります。

このことから、働くことだけでなく、職場における人間関係に関してもサポート体制を整え、長く働いてもらえるような環境作りをする企業が増えていくでしょう。


また、定年制度や年齢制限を見直し、中高年であっても入職できるようにしていく企業が増加するでしょう。高年齢の労働者には、スキルや経験が豊富に備わっていることが多いので、うまく活用することができれば、人手不足の解消に大きく役立つ可能性があります。

今後は、こういった人材確保のための取り組みが、さまざまな業種で活発化することになると予想されます。


人手不足解消のために「今できること」

人手不足への対策方法は、大きく分けて「既存社員の離職対策」と「新人社員増加への取り組み」の二つがあります。


既存社員の離職対策方法としては、

  • 給与の見直し
  • 経営方針の見直し
  • 職場環境の見直し
  • 福利厚生の見直し

などが挙げられます。


新人社員増加への取り組みとしては、

  • ブランディングを行う
  • SNSの活用
  • 紙・Web媒体の活用
  • 女性労働者・外国人労働者の採用

などが挙げられます。

給与・経営方針・職場環境・福利厚生の見直しは、既に働いている社員だけでなく、新人社員も長く働いてくれる企業にするために必要なこととなります。結果的に、社内全体の離職率を低下させる効果があります。

ブランディングは、自社の魅力を求職者に対して伝えるために重要となり、多くの人材を集めることにつながります。

SNSや紙・Web媒体を活用して求人活動を行うのは、さまざまな層の人材を狙って集めるのに適しています。

また、さまざまな企業が人手不足となる原因の一つに、必要以上に求人条件の幅を狭めていることが挙げられますが、短時間勤務など、女性や外国人労働者も働きやすい条件を設定することで、この問題を解決できる可能性があります。

このように人手不足を解消する方法はいくつもあるので、何が原因で起こっているか検証を行い、最適の方法で対策を行ってください。

関連記事:人手不足が解消しない…。企業がするべき8つの対策


まとめ

人材の確保は、簡単ではありませんが、定着させるのはもっと難しいと言えます。しかし、人手不足を解消する鍵は、獲得した人材を定着させることです。

人手不足は、日本全体の企業の生産性を停滞させ、放置しておくと、経済が衰退してしまいます。自社だけでなく、日本全体の問題なので、早めに対策を取ることが大切です。


人手不足対策にも役立つシフト管理システム「シフオプ」コチラからお問い合わせください。


人気のコラム

シフト作成は意外と簡単!基本的な作り方のコツや注意点

まだ手入力?シフト表作成に役立つエクセルやスプレッドシートの関数

業務効率アップ!シフトをうまく作ることの重要性とその方法

労働基準法とは?休日、残業、休憩時間について


人気のコラムをもっと見る

お問い合わせ・資料請求はこちらから

人気記事ランキング

タグ一覧