Original

業界別繁忙期一覧。忙しい時期はシフト管理が大切!

アルバイトの業務にも、通常の社員同様に労働基準法による厳格なルールがあります。それに加え、扶養控除の問題や、学生ならば学業やサークル活動、主婦(夫)ならば家事や育児などほかに優先するものがあり、一人一人に合った勤務体制を柔軟に対応しなければなりません。

ただ、忙しい時期は、一人一人に合った柔軟なシフト管理が難しいと感じる方もいるでしょう。

繁忙期のシフト管理はとても重要で、管理が行き届いていないと人手不足となり、経営に関わる問題が起きてしまうおそれがあります。

従業員の勤務体制をしっかりと把握し、雇用者・被雇用者両方が満足いく効率的なシフト管理を心掛けましょう。

今回は、業種別の繁忙期の特徴と、繁忙期の人手不足を解決するためのシフト管理のポイントについて解説していきます。


目次[非表示]

  1. 業種別の特徴・繁忙期はいつ?
  2. 繁忙期はシフト管理が大切!
  3. まとめ


業種別の特徴・繁忙期はいつ?

繁忙期は業態や取り扱うものによって時期が変わるため、基本的には売上から割り出すのが一般的です。繁忙期は人手が必要になってくるのでその期間を把握し、そこに合わせたシフト管理を目指しましょう。

また、関連業者の繁忙期も把握しておくことでお互いスムーズな取引が可能になり繁忙期の仕事を減らすことが可能です。新たな取引を始める際は前もって先方の繁忙期を把握しておきましょう。

ここでは業種別に大まかな繁忙期を紹介します。


飲食業

飲食業といってもジャンルや業態によって繁忙期が異なります。

居酒屋であれば3月の送別会や12月の忘年会シーズンが繁忙期となります。

また飲食業では1月・2月・8月が閑散期と一般的にはいわれていますが、飲食業であってもお盆の帰省のため8月が繁忙期となる店舗や年始の蕎麦屋など、業界全体で見るとそこに当てはまらない業種もあります。


小売業・製造業

小売業の営業は12月が最もピークとなります。クリスマスや年末商戦など、ほかの業界に比べとてもわかりやすい繁忙期です。それに伴い製造業における製造は11月に繁忙期が訪れます。

しかし年度末の3月は決算のある事務業の繁忙期となっています。同じ会社であっても役職や部署によって繁忙期が変わってくるので注意が必要です。


サービス業

サービス業は年末年始やゴールデンウィークなどの大型連休にかかる時期が繁忙期となります。

夏休みシーズンの7月・8月や、地域によっては3月・4月の卒業旅行シーズンも繁忙期です。

しかし、最近では長期休暇の時期をずらす企業も増えていますので今後繁忙期が動く可能性もあります。


繁忙期はシフト管理が大切!

効率良く人員を回すため大切なことは情報の「可視化」と「共有」が大切です。

現在、さまざまな業界の人員不足が社会的問題になっています。そこで時給を上げて人員の補充を試みたもののあまり楽になった気がしない。そのように感じたことはありませんか?

いくら人員が増やしても「限られた人員でいかに効率良く回すか」を考えなければ、人員を補充したところで費用に見合った効果はあまり望めません。


情報の「可視化」と「共有」のメリット

繁忙期にアルバイト・パート従業員の休みが重なってしまう原因として事前に繁忙期について共有できていない可能性が考えられます。雇用者は繁忙期の有無に関わらず、常に3か月先を見越し共有するよう心掛けましょう。

また繁忙期の3か月前には一度声を掛け、繁忙期の2か月前には前もって仮シフトを組み従業員それぞれと相談するようにします。

2か月前に今いる人員だけでは足りないことが発覚した場合、必要な分だけ人員補充をしましょう。アルバイトの増員は繁忙期前に済ませてしまい、繁忙期に向けて教育やほかのアルバイトとの結束を高められるようにしましょう。


繁忙期のシフト管理を効率化するために

仮シフトを現在の限界と前述しましたが、そのためには仮シフトの段階で信頼できるデータを出すことが前提となります。

仮シフトを作る際、そのシフトで入った結果、何日出勤して、何時間働き、その月の収入がいくらになるのかなど、必要な情報を可視化できるようにすると、より正確なデータが見えてきます。

シフト提出期限に遅れて提出する従業員の話もよく耳にします。

アルバイト・パート従業員が自分のシフトを組むためにかかる時間は実働時間に含まれませんが、実際には稼働時間・給料・扶養内補助の計算などで時間と労力がかっています。

シフトの提出が簡単になると従業員の労力が減りシフトの提出期限に余裕が生まれます。

繁忙期だけでなく普段からも扶養内に収めたい場合や働きたい時間数など、各人の状況を把握した上でシフト管理することを心掛けましょう。

実際にExcelなどでシフト管理のテンプレートを作ろうとすると難しく感じるかもしれません。

しかし、これらのシフト管理や表の作成は「シフト管理システム」を利用すると簡単にでき上がる場合が多いです。また「シフト管理システム」にはパソコンやタブレット、スマートホンなどでの管理が可能なものもあります。

これらを利用すれば雇用主と従業員の間での共有も素早く正確に行われ、時間と労力の削減に大きく貢献するでしょう。


まとめ

どの業態にも繁忙期、閑散期があります。業績を上げるためにとても大事な時期ですが、その分それに見合った労力が必要となります。

この機会に一度シフト管理方法を見直してみてはいかがでしょうか?

繁忙期を乗り切るためにも効率的なシフト管理を目指しましょう。

勤務管理システム「シフオプ」では複雑な操作なしに全員の勤務形態の「可視化」と「共有」が可能です。

またシフト作成する際にさまざまな便利な機能が搭載されており、小売店だけではなくIT業界やコールセンターまで幅広く利用されています。

あるカフェチェーンでは「シフオプ」導入後、シフト管理時間を72.3パーセント削減されました。

この機会に一度検討してみてはいかがでしょうか、

シフオプの詳細はコチラからお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はこちらから

人気記事ランキング

タグ一覧