Original

バイトの稼働率が上がらない…。向上のためのコツや知っておきたいポイント

アルバイトの稼働率のアップは生産性を高めるために重要です。

人材不足が問題視される現在、アルバイトの存在はとても重要で、今いるアルバイトスタッフの稼働率を上げたい会社は多いでしょう。

しかし、アルバイトとして働くスタッフにとっては、自由なシフトで働きたいなどなかなか思うようにはいかず、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

特に今は求人募集している企業も多く、アルバイト側が選択肢を選べる状態のため、稼働率を上げるためにお願いをすると退職されてしまうリスクもあり、会社側の方にとっては頭が痛いことでしょう。

アルバイトの稼働率を上げるためには、スタッフへの対応方法を見直す必要も出てきます。今回はアルバイトの稼働率についての知識とともに、稼働率を改善する方法についてお伝えしていきます。


目次[非表示]

  1. まずは知っておきたい!アルバイトの稼働率に対しての基礎知識
  2. 稼働率の現状を知り、負担をはかろう
  3. 働きにくい職場は稼働率が上がりづらい
  4. 稼働率を上げ、生産性を高める。そこには気持ちの把握も必要
  5. アルバイトの稼働率を向上させるには?
  6. まとめ


まずは知っておきたい!アルバイトの稼働率に対しての基礎知識

アルバイト従業員の稼働率は、実際に働いているアルバイトの従業員の数と、全体のアルバイトの従業員の数を比較したものです。

さまざまなアルバイトがありますが、中でも外食産業はアルバイト従業員に頼っている現状があります。ところがその外食産業で、人材不足が深刻化しており、実際に飲食業界の80.5%が、従業員の不足を実感しているようで、これは社会的な問題となっています。

(参照:帝国データバンク|人手不足に対する企業の動向調査

人材不足になっている状態だと、稼働率を上げる、または1人あたりの生産性を上げるということが重要になってきます。しかし生産性を上げるということは仕事量も増えるため、慣れるまでは負担が大きくなりがちです。


人手不足が加速すると、従業員一人一人に対する負担が増えてしまいます。その結果、他の従業員も退職を考え、さらなる人手不足を招くことになります。そして、アルバイト従業員の稼働率も減るという悪循環が実際に発生し、不満も生まれがちです。

そういった環境の中で稼働率が下がっているならば、従業員の仕事への不満は高まり、仕事のクオリティは自然と下がってしまうでしょう。

その結果として、外食産業であればサービスの低下から客数が減ることで、売上の減少も考えられます。


外食産業以外にも建築関係、医療分野、保安の仕事など、さまざまな業界で人材不足は深刻です。そういった業種でもアルバイトスタッフの稼働率を上げることは必要ですが、習熟度が求められる業界においては稼働率だけでは解決できない問題もあります。


アルバイト従業員の稼働率を上げることは、生産能力を上げることにもつながります。場合によっては職場環境の改善をすることも必要なのかもしれません。それでは稼働率を上げるために考えていくべきことをご紹介します。


稼働率の現状を知り、負担をはかろう

アルバイト従業員の稼働率を上げることは、一人ひとりの負担を減らすためにも重要なことです。

その場合にはまず稼働率を知りたいので、アルバイト従業員の全体の人数と、当日働いているアルバイト従業員の数を用意します。そして稼働率を出すには、実際に働いているアルバイト従業員の数を、全体のアルバイト従業員の数で割る計算で算出します。

一般的に稼働率というのは、実績生産量を総生産能力で割ったものをいいます。

例えばアルバイト従業員がその日5人働いていたとします。

実際にはアルバイトとして10人が会社に在籍している場合は、その日の稼働率は50%ということになります。これは5÷10=0.5割となり、50%が働いていたこととなります。

働きにくい職場は稼働率が上がりづらい

人材不足が深刻化しているということは、働く側は求人不足のときよりも、自分の希望する職場で働ける可能性が上がります。そうなるとアルバイトの稼働率の悪い、働きにくさを感じる職場というのは、なかなか人材が定着しないことが考えられます。そして、そのような職場では稼働率が上がらずに、生産性も下がるという悪循環に陥りかねません。

例えばケーキ店で、店の人気が高まり、来店数が増えたために、生産量をもっと上げたいとします。その場合には、店にいる従業員の生産性を高めていくこと、または稼働率を上げることを考えます。

しかし、現在の稼働率で生産性を高めると、従業員は労働がきつくなったと感じ、退職を選ぶ人も出てくるかもしれません。せっかく店の人気が高まり、多くのお客様に店を利用してもらえても、人が退職するため生産性は下がることになるでしょう。

そうなっては将来的に事業拡大も難しくなります。

企業が安定して生産量を高め続けるためには、従業員の働きやすい環境を整えて、従業員の稼働率を上げることが重要です。稼働率が上がり習熟度が高まれば、生産性も高まりやすくなります。


稼働率を上げ、生産性を高める。そこには気持ちの把握も必要

このように働く人と生産性はつながりを持つので、人材不足を感じているときには、なおさらしっかりとアルバイト従業員の気持ちも把握する必要があります。不満をためながらでの仕事では、生産性を向上させることは難しくなります。

アルバイトのモチベーションを高めて、いい仕事をしてもらうためには、給与の面だけではなくスタッフへの対応も見直さなければいけない部分が出てくるかもしれません。

まずは稼働率を高めて、対応方法なども試行錯誤していきましょう。


アルバイトの稼働率を向上させるには?

アルバイトの稼働率を向上させるにはさまざまな取り組みが必要です。

稼働率を向上させたいという経営者や管理者の方は、その取り組むポイントを抑えておきましょう。

ここでは、アルバイトの稼働率を向上させる4つの方法を紹介していきます。


従業員への接し方

アルバイト従業員の中には、社会経験が少ない人も多くいます。

そういった場合には、職場で間違いを起こしたときの注意の仕方にも配慮しなくてはいけません。

たとえば、できるだけ人前を避けて、本人が自分のことを反省できる気持ちになるように、気を配ってあげることです。人前で注意されることに慣れていない人にとって、周りの目線は大きなストレスになる場合があるからです。

またストレスによってモチベーションが下がると、なかなか戻すことができない人もいます。そのため、注意したあとはフォローもしっかりしましょう。気持ちよく働いて、稼働率を上げるために接し方は重要です。


希望のシフト勤務ができること

アルバイトにとって、希望のシフトで働けることは大切です。自分の働きたい日を、ある程度選べるのがアルバイトのメリットと考えている人も多いからです。

そのためできるだけ希望のシフト勤務に合わせた働き方ができるように工夫する必要があります。もちろん運営の状態を見てしっかりとシフト作成することは経営的にも重要ですが、うまく損益と合わせながら希望の部分を組み入れることも重要になるのです。

シフト希望がうまく通る職場であればモチベーションは保たれ、生産性を上げるために頑張ってくれることも考えられます。


目標を立てること

アルバイトだからといっても、目標を立てる必要がないという考え方には注意が必要です。仕事としての目標を立てることで、そこに合わせてどのような行動をすればいいのかを自主的に決めていくことができるからです。

例えば、接客技術を磨くという目標を立てれば出勤したときに工夫をし始めたり、多くのお客様と接するために出勤数を増やしたりすることも考えられます。


環境の取り組み方

職場環境というのはとても大事で、特に人間関係が悪い職場は人が長続きしません。そのような職場では、アルバイトの稼働率も悪くなり、生産性の向上も見込めなくなります。

アルバイトの場合には正社員と違い、次の職場へ移りやすい部分があります。なかなか人間関係をしっかりと見極めることは難しいですが、ときには面談をするなどして、職場環境を良くする取り組みは大切です。

アルバイトの稼働率を上げたいと悩まれている方は、ひとつずつ工夫を始めてみてはいかがでしょうか。


まとめ

現在、さまざまな業界で、アルバイトの人手不足に悩まされています。今やアルバイトは、職場を選べる時代なので、働きやすい環境づくりが重要になるでしょう。

環境を良くすることで、アルバイトのモチベーションが上がり、生産性が高くなります。また、アルバイト一人ひとりの立場に立って見直してみることで、稼働率が上がり、生産性を上げることができます。以上のことを配慮して経営することは、非常に重要なことです。


お問い合わせ・資料請求はこちらから

人気記事ランキング

タグ一覧