飲食店のシフト管理が楽に!シフト管理システムとは?

飲食店の管理業務で、大変な作業のひとつ「シフト管理」。

繁閑を見極めながら、従業員の勤務時間、希望休、欠勤を考慮するなど柔軟な対応が必要なため、頭を悩ます方も多いのではないでしょうか。


近年では、飲食業界の人員不足が問題となっています。お店をスムーズに回すためにも、シフト管理はますます重要になります。

そこで今回は、飲食店のシフト管理に悩む方へ、便利なシフト管理システムをご紹介します。


目次[非表示]

  1. 飲食店ではシフトの作成が大変
  2. シフト管理は人件費の計算も必要
  3. シフト管理システムの導入で飲食店のシフト管理が楽になる
  4. 従業員にもメリットがある
  5. シフト管理システム「シフオプ」は他の店舗へヘルプ依頼もできる
  6. まとめ


飲食店ではシフトの作成が大変

飲食店のシフト管理が大変な理由として、以下の3つが挙げられます。


理由① 営業時間が長いため、時間毎の調整が必要

居酒屋やファーストフード店などは深夜営業や24時間営業をしている店舗も多く、時間帯ごとに人員を振り分ける必要があります。

朝から晩までお店を回すだけでも多忙なうえ、全従業員のシフトを管理するとなると、シフト管理担当者の手もいっぱいになってしまいます。


理由② 従業員が多いと休み希望の反映が難しい

従業員によって、希望する休みの日時は異なります。従業員が多い、もしくは人員不足の場合、シフトに全員分の希望休を組み込むことが難しくなります。


理由③ 時期によって人員の配置を考えなければならない

飲食店は土日祝日や年末年始、ゴールデンウィークなど世間一般の休日が稼ぎ時となります。

繁忙期にうまく上手くお店を回すためには、人員をバランス良く配置する必要がありますが、世間の休日とあわせて休みたい従業員もいるため、シフト管理が難しくなります。従業員の休みを調整しながら、万が一人員不足になった場合も考慮しなければならず、シフト管理担当の方は頭を抱えてしまいます。


シフト管理は人件費の計算も必要

シフトを管理するうえで、従業員の勤務時間や休み希望を考慮することはもちろん大事ですが、「売り上げに対しての人件費」を考えることも重要です。

その日の売り上げ目標に合わせた営業ができるよう、適切な人員配置が求められます。

例えば、繁忙期には繁忙期に見合った従業員数に、閑散期には繁忙期よりも少ない従業員数に調整するといった、人件費の考慮が必要です。

人件費の計算がうまくできていないと、人員過剰によって人件費の予算をオーバーしてしまい、利益に大きく影響します。

シフト管理は従業員の勤務体制だけでなく、店舗の売り上げ目標や人件費も計算したうえで管理しなければならないため、容易ではありません。

シフト管理者が一人でこなすのは難しく、さらに紙面で管理している場合は転記作業が発生したりとシフト作成に大幅な時間と労力が費やされるケースも少なくないでしょう。


シフト管理システムの導入で飲食店のシフト管理が楽になる

前述のように、シフト作成と管理は手間がかかってしまうのが実情です。

そこでおすすめしたいのが「シフト管理システム」の導入です。

シフト管理システムでは、シフト管理者がパソコンでシフトを管理でき、従業員それぞれの希望を取り入れた最適なシフトを作ることができます。

シフト管理システムの「シフオプ」は、シフト表の作成から運用までをサポートするため、毎月のシフト作成に悩む経営者やシフト管理担当者の負担を軽減します。

シフオプの便利な機能は次の点です。

  • 従業員のシフトがひと目で把握できる
  • 従業員への連絡はメールやアプリの通知で一斉送信できる
  • シフト締め切りや、シフト完成後の共有が自動で通知できる
  • シフト作成時に人件費を確認できる
  • 就業時間の各種法令にリスクがある場合はアラートが上がる
  • CSVを出力し、給与計算ソフトで取り込みができる

このように、シフト作成から人件費管理までを一貫して行えるため、シフト管理にかかる負担が大きく軽減できます。


従業員にもメリットがある

シフオプは、シフト管理に悩む経営者やシフト管理者だけでなく、従業員にも便利なメリットがあります。従業員にも次のようなメリットがあります。

  • 店舗へ行かなくても、スマートフォンやパソコンから簡単にシフトを提出できる
  • シフト希望の締め切りメールが送信されるため、提出忘れを防げる
  • スマートフォンからいつでもシフトを確認できる

シフト管理システムのシフオプは、従業員にとってもメリットが多いので、導入によって働きやすい環境づくりへとつなげることができます。


シフト管理システム「シフオプ」は他の店舗へヘルプ依頼もできる

飲食店には、複数の店舗を持つチェーン店も多く存在します。

そのような店舗にもおすすめしたいのがシフオプの導入です。

シフト管理をシフオプで行うことによって、各店舗のシフトをひと目で確認でき、どの店舗がどの時間帯に人員が不足しているか、どの店舗に人員が余っているかを把握でき、足りない店舗にヘルプを依頼することができます。

繁忙期の人員不足や急な欠勤の対策ができるので、心強いのではないでしょうか。


まとめ

飲食店のシフト管理は、営業時間や従業員の勤務形態に加え、人件費も考慮しなければならず、時間と労力がかかります。

シフト作成や管理に発生する問題を解決するためには、シフト管理システム「シフオプ」の導入がひとつの方法です。シフオプを使うことで、シフト作成にかける時間を削減できるため、業務効率の改善にもつながります。

従業員にとってもメリットが大きいので、シフト管理に頭を悩ませている経営者やシフト管理担当の方は、シフオプで業務効率化をはかってみてはいかがでしょうか。

シフト管理システムの「シフオプ」はこちら。


人気のコラム

忙しくて管理できない!人材管理者に知ってほしいシフト管理ツールでできること

他の店舗はどうしてる?シフトの管理方法や管理者たちの悩み

残業して頑張る、は時代遅れ!時間外労働削減に向けた各社の取り組みについて

「36(サブロク)協定」とは?押さえておきたい残業時間の上限や注意点


人気のコラムをもっと見る

お問い合わせ・資料請求はこちらから

人気記事ランキング

タグ一覧