catch-img

働き方改革に対応!低コストで始められるクラウドサービス

働き方改革で、日本の働き方が大きく変わり始めました。順次施行されていく規制や制度に企業が対応していくためには、日々の業務の効率化が必須です。 限られた時間や人数で業務を円滑に行う手段の一つには「ITでできることはIT化する」という取り組みが効率的ですが、中小企業では業務のIT化が進んでいない部分も少なくありません。ここでは、働き方改革と、業務を効率化するクラウドサービスについて解説します。


目次[非表示]

  1. 働き方改革は正社員だけのものではない
  2. 働き方改革が労働者に与えた影響
  3. 働き方改革のヒントは時間管理
  4. まとめ


働き方改革は正社員だけのものではない

2019年4月から順次施行が始まった働き方改革は、決して正社員だけに適用されるものではありません。少子高齢化によって問題となっている人口の減少や育児や介護と仕事との両立といった問題を解決するためのものであり、その考えは業種・業態、雇用体系にかかわらず、すべての労働者に適用されるべきものです。

置かれた環境や個々の事情に応じて、労働者が多様な働き方を柔軟に選択できる社会を実現し、一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようになることを目指しています。


働き方改革が労働者に与えた影響

働き方改革は実際に労働者へどのような影響を与えているのでしょうか。
ここでは、リクルートジョブズの「働き方改革に関する意識調査」の結果をふまえながら、とくに労働者が実感しやすい時間外労働の上限規制をテーマに、働き方改革が労働者に与えた影響について解説します。

時間外労働の上限規制の認知度は全体の75%超え

時間外労働の上限規制について政策の内容まで認知している方はどのくらいいるのでしょうか。

アンケートによると、「(おおよそでも)内容を知っている」または「聞いたことはある」と回答した人の割合は75.1%。おおむね高水準と言える結果が出ており、そのうち正社員が80.6%、パート・アルバイトが68.1%です。

次に、「勤務先で変化があったか」という問いに対して、「変化があった」または「やや変化があった」と回答した人の割合は全体の19.0%のみ。そのうち22.8%が正社員、9.6%がパート・アルバイトという結果です。

一方、「変化がなかった」「あまり変化はなかった」という回答は合計48.9%と約半数を占めており、労働者の半分近くが時間外労働の上限規制による変化をあまり感じられていない現状が伺えます。

さらに、「どんな変化があったか」という問いには、61.7%が「時間外労働(残業)時間数を管理するようになった」と回答。そのうち正社員は62.6%、パート・アルバイトは57.8%です。

出典:リクルートジョブズ「働き方改革に関する意識調査

まだまだ実際に変化を感じている労働者は少ない?

働き方改革による時間外労働の上限制限そのものについての認知度は高いものの、実際に変化を感じている労働者は多くありません。
また、政策に対応している職場のうちの4割ほどがいまだに残業時間の管理を行えていないという結果も注目したい点でしょう。


働き方改革のヒントは時間管理

高い認知度に対して、実際の現場で対応が遅れがちな長時間労働の是正。余暇が増えることで従業員の健康の維持にも役立ち、喜ばしい部分がある反面、企業にとってはリスクもあります。長時間労働が是正され労働時間が減少するということは、限られた時間で今まで通りの結果が出せるよう、業務を効率化し生産性を上げる必要があるということです。
また、働き方改革では勤務時間の弾力化も求められているため、クラウドサービスといったITツールを活用して効率化できる部分は積極的に取り入れることが、企業ができる働き方改革への対応と言えるでしょう。

業務効率化支援の一手にシフト管理システム“シフオプ”

IT化によって効率化を図ることができる業務の一つとして、従業員のシフト管理があげられます。

シフオプ”は、クラウドサービスを利用したシフト管理システム。シフトの収集や作成から、シフトの共有まで、シフト管理に関する業務をワンストップで行えます。クラウドサービスのためインターネット環境さえあれば特別な機器は不要。初期費用0円、1ユーザーあたり月額300円(税別)で導入できます。
従業員はパソコン、スマートフォン、フィーチャーフォンなどいずれかのデバイスから希望シフトを申請でき、シフト決定後はいつでもどこでもシフトの確認が可能です。

労働時間の是正や労務規定違反のリスクを抑える

シフオプは、あらかじめ人件費予算を設定しておけば、シフトの作成時に人件費を自動で計算し、管理もできます。

そのほか、労務規定違反やリスクのあるシフトに対して警告を表示する機能や、必要な人数に対する従業員の過不足などをリアルタイムで表示する機能など、煩雑になりがちなシフト作成・管理を少ない労力で行える機能が満載です。


まとめ

人口の減少や仕事とプライベートの両立など、労働者の働き方をより柔軟で多様性のあるものにすることを目的としている働き方改革。

その実現には生産性の向上が必要不可欠です。各企業が業務内容を見直し、業務の効率化を図ることが重要と言えます。業務時間の無駄を削り、ITの力を活用した働きやすい環境の実現に企業全体で取り組む姿勢が今問われています。

お問い合わせ・資料請求はこちらから