catch-img

学生アルバイトのシフト管理。シフト制の悩みと対処法とは

学業やプライベートなど毎日が忙しい学生にとって、働く時間や日数を柔軟に選択できる“シフト制のアルバイト”は人気があります。

しかし、雇用する企業にとって、学生アルバイトは試験期間や長期休暇などでシフト希望が増減しやすく、管理が難しいという側面もあるでしょう。


学生アルバイトのシフト管理は、業務を円滑に回すためだけでなく定着率の向上にも大きく影響するため、十分な配慮が必要です。


本記事では、学生アルバイトのシフト管理で気をつけるポイントや、活用したいツールについて紹介します。


目次[非表示]

  1. シフト制で働く学生アルバイトの管理が難しい理由
  2. 学生に配慮したシフト作成が必要
  3. 学生アルバイトのシフト管理で気をつけたいこと
  4. “シフオプ”で、難しいシフト管理に対処しよう
  5. まとめ


シフト制で働く学生アルバイトの管理が難しい理由

飲食店やコンビニエンスストアなどでは、学生アルバイトを雇用している店舗が多いです。

学生アルバイトを雇用することによって、主婦層からの応募が集まりにくい夕方から夜にかけての時間帯や、週末・大型連休など繁忙期の人材を確保できるため、企業の労働力として重要な存在になります。


しかし、学生アルバイトは学業やプライベートで予定が変動しやすく、シフト作成や調整が難しいこともあります。授業がある平日の日中だけでなく、試験や実習など学業に専念せざるを得ない期間もあるでしょう。

こうした期間にはアルバイトの休みを希望する学生も多く、複数の学生アルバイトを雇用している場合は、まとまった人員が同時期に不足してしまうという難点があります。


また、「長期休暇にはたくさんシフトに入りたい」「学校のない土日はできるだけ出勤したい」など、出勤希望日が重なりやすいことも難点として挙げられます。

出勤日数が特定の人に偏らないように、人件費予算に加えて、ほかのアルバイトとの公平性も考慮しなければなりません。



学生に配慮したシフト作成が必要

学生アルバイトのシフト管理を巡ってトラブルになることもあります。

なかでも、本分である学業を尊重していないシフト体制が問題となるケースが少なくありません。


たとえば、試験勉強や就職活動などの学生生活を理由とした休み希望やシフト変更に雇用側が応じないことなどが挙げられます。

学業への配慮が足りないシフトは、学生アルバイトの不満の原因になり、離職につながる可能性もあります。学生本人にとっても、学業や就職活動に専念できない状況が続いてしまうと、成績に支障が出るほか、卒業後の生活にまで影響を与えてしまいかねません。


こうした離職や学業でのトラブルを防ぐためには、シフトの調整や変更を柔軟に対応する姿勢が重要です。学業と両立できる職場環境は、学生も長く働きやすく、定着率の改善にも期待ができます。


学生アルバイトのシフト管理で気をつけたいこと

トラブルを招かないためにも、学生アルバイトのシフト管理は以下のことに気をつけましょう。


面接時に合意したシフトを入れる

人員が足りないことを理由に、合意がないままシフトを増やす、閑散期は極端にシフトを減らす、といったシフトの増減は、職場への不満につながります。

希望の勤務日数や時間に加え、「夏休みや年末年始にはたくさんシフトに入りたい(もしくは休みたい)」といった要望は、面接時に聞いておくとフォローしやすくなります。もし要望を叶えられない場合には、面接時に伝えて納得してもらうことがミスマッチを防ぐうえで重要になります。

面接時に希望の働き方を聞き取り、お互いが合意した内容を考慮してシフトを作成しましょう。


試験期間や長期休暇期間は柔軟に対応する

試験や就職活動などの学生生活を理由とする休みの申し出があった場合は、できる限り要望に沿ったシフトに調整しましょう。


また、複数人からの休み希望があっても業務に支障が出ないように、ほかの従業員や他店舗とのヘルプ体制を整えておくと安心です。

そして、休みの希望はすべてのアルバイトが公平になるようにルールを決めておくことも大切です。



“シフオプ”で、難しいシフト管理に対処しよう

急なシフト変更の対応や、限られた人員で業務を行うためには、アルバイトのシフト状況をリアルタイムで表示できる“シフト管理システムのシフオプ”の活用が有効です。


学生アルバイトのシフト管理は、学校によって試験期間が異なるだけでなく、それぞれの事情によって出勤したい日が異なるためとても複雑です。


シフオプでは、学生アルバイトのシフト希望の管理を円滑にする機能がしっかり完備されています。シフト希望の提出漏れを防ぐリマインドが自動通知されるほか、システムに集約されたシフト希望データをボタンひとつでシフトに反映できます。


また、ヘルプ機能の活用によって、自店舗・他店舗含め、すべての従業員へ一斉にヘルプ募集の通知を送ることが可能です。

就職活動中の学生は、先の予定がわからず休みを希望することがありますが、「休みを取ったものの就活の予定が入らなかった」「夕方からは時間に余裕ができた」という場合、ヘルプ募集に応じられることもあるため、空いたシフトを有効に活用できます。


シフオプの活用で、学生アルバイトの流動的なシフト管理の効率化につながるでしょう。



まとめ

学業と両立できるシフトは、学生アルバイトにとって働きやすいため、定着率の向上効果が期待できます。


学業を考慮したシフト作成に手間取っている、欠員に対応できる体制が整っていないなどの問題を解消するためには、シフオプの導入を検討してみてはいかがでしょうか。


お問い合わせ・資料請求はこちらから

シフト管理効率化・人件費管理強化サービスシフオプ利用ユーザー数80,000人突破!資料ダウンロード(無料)
月40時間以上の業務節減!!業務効率化・人手不足対策・人件費・管理強化・シフト管理効率化など...

人気記事ランキング

タグ一覧