catch-img

経営者が知っておきたい人件費の割合と人件費のコントロール法

経営上重要な経費となる人件費。安定した利益を確保しながら長期的な成長を目指すには、人件費を適正に管理する必要があります。とくにサービス業では時間帯や曜日によって忙しさが変動するため、予算に応じて最適な人員配置をしなければなりません。

そのためには、売上に対してどれくらいの人件費が必要かを把握し、予算内でコントロールしていくことが重要です。

本記事では、人件費の計算方法やコントロール法について解説します

目次[非表示]

  1. 人件費とは
  2. 人件費率とは
  3. 人件費率が高いときの対策は?
  4. 人件費管理は経営上重要な業務
  5. まとめ


人件費とは

人件費とは、企業が従業員に対して支払う給与や手当、福利厚生費などを指します。人件費は経費のなかで大きな割合を占めるため、予算を立てるうえで正確に把握しておく必要があります。

人件費の種類

人件費として分類される費用は毎月の給与だけではなく、以下のような費用も含まれます。

  • 給与や賞与、手当
  • 法定福利費(社会保険などの企業負担分)
  • 法定外福利費(慰安旅行代、社宅費用など)
  • 退職金

賞与や通勤手当、法定福利費に加え、社員旅行費や出産お見舞金などの法定外福利厚生費、そのほか退職金も人件費です。

売上や生産量に対して人件費がどれくらいかかるかによって利益率に影響するため、適正にコントロールする必要があります。

人件費の範囲

上述した費用が人件費として適用される雇用範囲は、正社員のほか、契約・派遣社員やアルバイト、パートタイマーが一般的です。

例外として、派遣社員については自社と直接雇用契約を結んだ労働者ではないことから、人件費ではなく“雑費”として経費計上する場合もあります。


人件費率とは

人件費率とは、売上に対して占める人件費の割合を指し、以下の計算式で求められます。


人件費率(%)=人件費÷売上×100


人件費率が高いほど人件費が多くかかっていることになり、逆に売上に対する人件費率が低すぎる場合には、給与や手当が十分に支払えていない、人手が不足しているといった可能性があります。人件費率は重要な指標となるため、利益目標を達成するためにも正確に把握しておきましょう。

なお、理想的な人件費率は業界によって異なりますが、サービス業における一般的な人件費率は30%~50%ほどとされています。この数値を大幅に超える、あるいは大幅に下回る場合には、人員の過不足はないか、給与額は適切かを見直してみるとよいでしょう。

人件費率が高いときの対策は?

人件費率が平均値より下回っている場合は、給与額の見直しや一人あたりの負担をヒアリングし、状況に応じて人員を追加することで改善につながりますが、上回っている場合は具体的にどのような対策があるのでしょうか。

忙しさに合わせた人員配置

サービス業では、時間帯や曜日によって忙しさが変動します。
たとえば飲食店では、平日の昼食や夕食の時間帯は客数が増え、それ以外の時間帯には客足が少なくなって待機時間が増えることが予想できます。
一方、土日祝日は一日を通してお客様が多く来店されるため、終日忙しいことが予想できます。

業務量に応じて、手が空く時間帯には従業員数が多くならないよう調整したり、混雑が予想される時間帯や曜日には十分な人数を配置したりすることで効率よく人件費を抑えられます。
過去の売上データなどを参考にして、時間帯別や曜日別の忙しさを把握することから始めましょう。


人件費の計算を細かく行う

サービス業では時間帯によって忙しさが異なるため、1日単位で人件費の予算を計算してしまうと「必要な時間に人員が足りない」「人員が余剰していて仕事がない」という人員過不足の原因になります。
サービス業の場合、人件費予算の計算は1日単位ではなく時間単位での算出が理想です。

柔軟なシフト体制

シフトを作成する際、極端に人件費をカットすると、「希望シフトが通らない」「働きたいのにシフトに入れない」という従業員の不満につながります。
従業員の希望を考慮しつつ、人件費を抑えたシフトを作るためには、シフト作成時に人員調整や人件費計算が柔軟かつ適正にできるシフト体制が必要です。

「シフト作成と人件費計算を別々に行っている」「人員の過不足を把握しづらく調整に時間がかかる」という場合は、シフト体制を見直してみるとよいでしょう。

人件費管理は経営上重要な業務

人件費を考慮しながら適正な人員配置をするためには、“シフト管理システム”の活用がおすすめです。

シフト管理システムの“シフオプ”では、従業員の希望シフトを管理画面上で確認できるため、希望を考慮した場合の日別や時間帯別の人員過不足を正確に把握できます。同時に人件費はシフト作成時に自動で算出されるため、予算内でのコントロールが可能になります。また、売上予算の登録によって人件費率の算出も可能です。

人員数に過不足がある際には、各従業員のシフト時間をマウス操作のみで柔軟に調整できるため、従業員の希望シフトをベースにしつつも、人件費の最適化が可能になるでしょう。

まとめ

人件費の管理は重要な業務です。人件費の管理方法を見直す場合は、シフト管理体制から変えていくことをおすすめします。
シフオプでは、シフト作成時に人員過不足を把握できるほか、人件費や人件費率の自動計算が可能です。
人件費予算内でのシフト管理を実現するためにも、シフオプの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

お問い合わせ・資料請求はこちらから

シフト管理効率化・人件費管理強化サービスシフオプ利用ユーザー数80,000人突破!資料ダウンロード(無料)
月40時間以上の業務節減!!業務効率化・人手不足対策・人件費・管理強化・シフト管理効率化など...

人気記事ランキング

タグ一覧