catch-img

「オープニングスタッフが集まらない!」そんなときに見直したい3つのこと

近年、どの業界も人手不足な状況が続いています。採用募集をかけてもなかなか人材が集まらず、苦労している店舗も多いのではないでしょうか。

とくに、新規開店する店舗のオープニングスタッフが集まらないというのは、お店のオープンにも影響が出かねない大きな問題であると言えます。

本記事では、オープニングスタッフの採用募集をかけたものの、思うようには応募がこないというときに見直しておきたい3つのポイントと、有効な解決策をまとめました。


目次[非表示]

  1. 求人媒体の選定
  2. 競合との差別化
  3. 条件の提示
  4. まとめ


求人媒体の選定

オープニングスタッフを効率よく集めるためには、求人情報を掲載する媒体の選定が重要です。そのためには、まず採用ターゲットとなる人物像を明確にする必要があります。

採用ターゲットを明確化したうえで、その人物が見る求人媒体を選べているか見直しましょう。学生といった若い世代を中心に集めたいのなら、スマートフォンで確認できる求人サイトが効果的と言えるでしょう。

しかし、ターゲットが近隣に住んでいる主婦といった場合は、買い物に出かけた際に目に入るように、店頭に求人情報のポスターを掲示したほうが、効果的であると言えます。

このように、学生アルバイトなら求人サイト、主婦層なら店頭ポスターなど、ターゲットにあわせて媒体を選定することが大切です。


競合との差別化

応募数を増やすためには、仕事を探している人の目に留まりやすい内容の掲示を心がけましょう。ほかの同業務の求人と似たような内容では、「ここで働きたい」とは思ってもらいにくいです。

競合他社との差別化ができているか、第三者の目線に立って考えてみましょう。

また、同業求人における競合は、必ずしも同業であるとは限りません。そのため、近隣の企業との条件面も照らし合わせてみる必要があります。
求人の内容にはメリットや条件を記載すると反響が期待できます。 

自社で働くことによってターゲットがどうなれるのか
どのような環境で働けるのか

メリットはより具体的にアピールできると、なおよいでしょう。
たとえば、オープニングスタッフの募集なら、

オープニングだから自分のアイデアをお店作りに活かせる
立ち上げから始めるから、将来独立するための経験になる

など、オープニングスタッフだからこそできる、成長につながる内容をアピールするのも効果的な手段です。 

また、時給はもちろんのこと、休暇などの待遇面を重視している求職者も多くいます。学生は勉学のための長期的な休暇が、主婦は子どもの体調不良など家庭の都合による休暇が必要です。そのため、シフトに融通がきく企業のほうが選ばれやすいと推察されます。

スタッフ全員が負担を感じることのないシフト体制を考え、そこを売りにするのは求人募集において強みになります。

シフト管理システムのシフオプを使えば、シフト作成にかかる時間や手間を削減できるため、管理者の負担を減らし業務効率化を図れます。その時間をスタッフとのコミュニケーションやほかの業務に集中できれば、通常業務自体も円滑に行えるため、従業員にとっても働きやすい職場になるでしょう。

ほかの求人と差を付けられる自社ならではの魅力やベネフィットを考え直したうえで、その内容をしっかりと伝えられているかを見直しましょう。


条件の提示

オープニングスタッフというのは、全員が同じ日からのスタートということで気楽さがある半面、企業側への不安も感じるでしょう。そのため、募集するうえでは待遇などの条件を具体的に明示することが非常に重要だと言えます。

条件面は明確に提示できているか
その条件はターゲットが望む条件になっているか

少なくともこの2点は確認しておきましょう。 

どんなによい条件の求人だったとしても、相手に伝わらなければ意味がありません。どのような条件で募集するかを明確にしたうえで、伝わりやすい言葉を使って求人用の文章を作りましょう。

研修期間がある場合や研修後に時給が上がる場合など、具体的な数字が決まっているものに関しては数字も記載したほうが効果的です。 

また、募集ターゲットが望む条件であるかどうかも重要なポイントです。たとえば、主婦層をターゲットとする場合は、すきま時間で働けるシフト制の有無や、家庭と両立できる充分な休日などが重要になります。

ターゲットが魅力的だと感じられる条件を掲示できているかどうか、ターゲットの目線に立って確認してみましょう。


まとめ

オープニングスタッフの採用活動においては、ターゲットを明確化して求人媒体を選定しましょう。そして、競合他社との差別化や条件面の提示が適切かどうかを今一度、見直してみることをおすすめします。

シフト管理システムの“シフオプ”は、売上予算の設定に応じて、人件費率を確認しながらシフトを作成することが可能です。

シフトの収集や共有の労力削減にも役立ち、シフト作成にあてる時間も大幅に削減できるようになります。さらに、シフオプは不足している人員数を可視化することも可能なほか、労働基準法や労務規定に触れるリスクの高いシフトには警告を表示します。長時間労働が起きやすいオープニングスタッフのシフト作成にも安心です。

今後、新店舗のオープンを控えているなら、一度シフオプを検討してみてはいかがでしょうか。必要な情報を可視化してわかりやすいシフオプで、オープニング時期の煩雑なシフト管理を効率よく行いましょう。

お問い合わせ・資料請求はこちらから