catch-img

飲食店のアイドルタイム、有効活用できていますか?

飲食店のような一日の繁閑の差が激しい業種で発生する“アイドルタイム”。

ピークタイムの準備やデスクワークなどを行える貴重な時間ですが、アイドルタイムを持て余し、人件費コストを無駄に消費している店舗も多いのではないでしょうか。

本記事では、収益につながるアイドルタイムの有効な活用方法について解説します。


目次[非表示]

  1. あらためて、アイドルタイムとは?
  2. アイドルタイムを活用する仕組みづくり
  3. シフトのコントロールも重要に
  4. まとめ


あらためて、アイドルタイムとは?

お客様が少ない閑散時間や手待ち時間など、無作業になる時間帯のことを“アイドルタイム”と呼びます。飲食店の場合、アイドルタイムに発生するコスト、いわゆる“アイドルコスト”を削減するために、営業時間を分けて閉店することも多いです。

たとえば、食事の提供がメインの飲食店の場合、基本的にはランチタイムの12時から13時頃とディナーの18時から19時頃までがとくに混み合います。一方、15時から17時頃までの食事をする人が少ない時間帯には、ほとんど入店がありません。

そのため、昼も夜も営業している飲食店は、ランチとディナーで営業時間を分けて、アイドルタイムには店を閉めていることが多いです。

ピークタイムに向けた準備はもちろん、勤務するスタッフを入れ替えたり通しで働くスタッフの休憩時間にあてたりと、人件費が発生しない取り組みを実施しています。

このようにアイドルタイムの人件費削減に努めるのも、コスト管理において重要なことです。一方、「アイドルタイムを活用する」という考え方もあります。


アイドルタイムを活用する仕組みづくり

お客様が少ない時間帯だからこそできる取り組みもあります。工夫次第では、アイドルタイムにお客様に来店してもらうことも可能です。

本項では、アイドルタイムを活用できる具体例を4つご紹介します。

無料・割引サービスの導入

閑散時間にコーヒーの無料提供や商品の割引サービスを実施する“ハッピーアワー”。
カフェや居酒屋など、取り入れている飲食店も多く比較的導入しやすい方法です。

無料・割引サービスを導入することで、ランチやディナーから時間帯をずらして来店してもらえる可能性が高まります。

また、アイドルタイムで売上を立てる仕組みをつくるには、いかに席効率を向上できるかが重要であると言えます。できるだけ多くのお客様が入れるように、席の配置や回転率アップに向けた工夫を考えましょう。

限定メニューの展開

閑散時間だけの限定メニューを提供するという方法もあります。比較的低コストで、少人数でも提供できるデザートメニューなどが一般的です。

または、アイドルタイムだけ営業形態を変えるという手段も有効です。15時から17時はカフェとしてドリンクのみの営業にするなど、時間帯に合わせてニーズに応えることも、アイドルタイムの集客に効果的であると言えます。

スタッフの育成

育成環境の有無は、スタッフの離職率にも影響します。忙しい時間帯では丁寧な指導ができないため、空いた時間でフォローできる体制を整えることも大切な取り組みです。

スタッフとコミュニケーションを取ることで円滑な人間関係の構築にも役立つほか、スキルアップにつながり、長時間労働を抑制する効果も期待できます。

店舗のメンテナンス

とくに飲食店の場合は清潔感が命です。清掃や備品の交換などのメンテナンスにあてるのも有効です。

清掃が行き届いておらず古ぼけた備品が目立つ店舗よりも、清潔に保たれていてきれいな備品がそろっている店舗のほうが、居心地も良いでしょう。

店舗を整えることは、集客に関連する大切な要素と言えます。


シフトのコントロールも重要に

飲食店の場合、アイドルコストを抑えるために、シフトをコントロールすることも重要になります。

アイドルタイムの取り組みが大幅な来客数増加にはつながらない想定なら、配置する人員を少なく設定したり、スタッフの休憩を回したりして、人件費の削減にも努めましょう。

営業形態を変えることで常に繁忙時間と同程度の集客を目指すなら、シフトパターンを増やして、交代できる環境を整える必要があります。

また、スタッフの育成にあてる場合、育成が必要なスタッフと指導できるスタッフがそろっていなければ意味がありません。スタッフのスキルや経験を考慮したバランスの良いシフトを組むことを心がけましょう。


まとめ

長時間営業の飲食店におけるアイドルタイムは、有効活用して収益につなげることも可能です。ハッピーアワーや限定メニュー提供のほか、スタッフの育成や店舗のメンテナンスなど、店舗の価値を高めるために時間を使うのもよいでしょう。

また、アイドルタイムの使い方にあわせて、シフトの組み方もコントロールすることも重要です。

シフト管理システムの“シフオプ”を使えば、シフト作成を効率よく行えるようになります。人員の過不足や人件費が可視化されるため、必要な人員数などをわかりやすく把握することも可能です。スマートフォンで希望シフトの収集や共有ができるため、シフトの調整も容易になるでしょう。

さらに、シフオプはシフト作成時に人件費を自動で計算するため、予算を考慮したシフト作成をサポート。予算オーバーといったトラブルも防止することが可能です。

アイドルタイムの有効活用には、集客のための新たな取り組みと同時に、適切な人員計画が必要です。煩雑になりがちなシフト作成には、ぜひシフオプの導入をご検討ください。

お問い合わせ・資料請求はこちらから