catch-img

医療事務の労働環境を改善! シフト制の鍵となる“人員配置”の適正化

病院やクリニックの運営に欠かせない医療事務スタッフ。土日出勤や夜勤がある医療機関も少なくないため、人材の確保にパートタイマーやアルバイトを雇用したり、人材派遣サービスを利用したりと、外部リソースを活用するケースも多いです。

しかし、医療事務は業務内容が多岐にわたるほか、時期によって業務量が変わり、忙しい日には残業が増えやすいという課題があります。医療現場で業務を円滑に回すためには、人手不足や業務過多にならないよう適切な人員配置が重要です。

本記事では、医療事務におけるシフト管理の重要性と、適切な人員配置を実施する方法について解説します。


目次[非表示]

  1. 医療事務の業務量
  2. 業務が多岐にわたるからこそ、人員配置が重要に
  3. 人員配置を可視化するならシフオプ
  4. まとめ


医療事務の業務量

医療事務の業務は多岐にわたり、医療機関の規模や種類によって業務内容は異なります。代表的な業務を見てみましょう。

  • 受付や案内
    受診予約や受付、保険証の確認など

  • 診察案内やサポート
    検査の説明、検査器具や診察室の準備、医師のサポートなど

  • レセプト請求
    患者さんの診療報酬明細書(レセプト)の作成や送付など

  • 入院患者の管理
    入院手続きの案内、入院費の申請手続きなど

  • 会計
    診察料の計算、処方薬や処方箋の手配など

これらは一部ですが、事務作業だけでなく患者さんへの対応や医師のサポートなど、業務の種類や量も非常に多いことがわかります。なかでも月に一度必ず発生するレセプト請求の時期は多忙になりやすいという声が多く聞かれます。また、24時間態勢の受け入れや入院に対応している医療機関では夜勤もあるため、幅広く対応できる人員を確保する必要があります。

小さなクリニックや調剤薬局などでは、患者の数や診療科目も少ないため、比較的に業務の調整も容易です。しかし、総合病院といった大規模な医療機関になると業務内容も増加するため、人員配置がさらに難しくなることが推察できます。患者数が多くなるほど業務量も増え、医療事務スタッフの負担が大きくなりやすいでしょう。


業務が多岐にわたるからこそ、人員配置が重要に

医療事務はやるべき業務が幅広く、患者数が多い施設ほど業務量が増えやすいため、残業が多くなる傾向があります。

また、長時間労働や残業などの負担の大きい労働環境が問題となっている施設も少なくありません。こうした労働環境は、必要なポジションに充分な人材を配置できていないことが要因のひとつとして考えられます。現場を円滑に回して、業務過多による残業を減らすためには、現場の状況や繁忙期などを考慮した適切な人員配置が必要です。

スタッフの負担が大きく、業務が多岐にわたる医療事務だからこそ、従業員が働きやすく安心・効率的に運営できるシフト管理の重要性は高いといえるでしょう。


人員配置を可視化するならシフオプ

「人員不足で医療事務の負担が増えている」「残業や長時間労働がなかなか減らない」という課題を抱えている医療現場は、医療事務スタッフのシフト管理体制を見直すタイミングかもしれません。

シフト管理システムの“シフオプ”は、従業員のシフトをデータ化してオンライン上で一元管理することが可能です。どの時間に人が足りていないかを可視化して人員調整ができるため、人手不足による業務過多を防止できるという効果があります。

レセプト請求などの忙しい時期に起こりやすい長時間労働・残業についても対応しています。シフオプは、シフト作成時に労務違反に触れるリスクを自動で検知するアラート機能を備えているため、スタッフの負担となる残業を未然に防止できます。健全なシフトを作成することで労働環境の改善にもおおいに貢献するでしょう。

また、大規模な病院では医療事務スタッフが数百人を超えるケースもあります。診療科目や業務内容によって複数のポジションが分かれているため、シフト管理が煩雑化している現場も少なくないでしょう。

シフオプは、モデルシフト機能によって各ポジションに必要な人員数の過不足を把握できるほか、診療科目や業務内容別のシフト作成も可能です。シフトの穴にすばやく気づきやすく、シフトのミスで現場が回らないといったトラブルの防止にも役立ちます。

最適な人員配置で、スムーズに業務を回せる体制を構築することで、労働環境の改善の効果が期待できます。働きやすい環境は、医療事務スタッフの定着率アップや業務効率化、ひいては医療機関の信頼性向上にもつながるでしょう。


まとめ

医療事務は、医療機関によってこなす業務や仕事量もさまざまです。しかし、複数の診療科目がある病院や、入院に対応している施設などでは、業務量の多さから残業が多くなりやすいという課題があります。

さらには正社員だけでなく、パートタイマーやアルバイト、契約社員や外部リソースなど幅広い雇用形態で人材を確保しているため、必要な人材を適切な場所(時間帯)に配置することは簡単ではありません。

シフオプは、各業務やポジションに分けて必要な人員数を把握でき、過不足のない人員配置に役立ちます。業務が円滑に回ることで医療サービスの満足度向上や、スタッフの長時間労働・残業の削減といった良い効果も期待できるでしょう。

医療事務スタッフの労働環境改善に向けて、シフオプでシフト管理体制を見直してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ・資料請求はこちらから