catch-img

ガソリンスタンドのシフト作成時に考慮したいポイントは2つ、“業務量”と“ヘルプ体制”

生活インフラとしての役割を担うガソリンスタンド。数年前まではフルサービス式が一般的でしたが、1998年の消防法の規制緩和をきっかけにセルフ式のガソリンスタンドが登場し、今では多くの店舗でセルフ式が浸透しています。

少人数のスタッフで店舗を回せるセルフ式ですが、一方で長時間労働や業務過多などによる現場スタッフへの負担が大きくなっているケースも少なくありません。

現場をスムーズに回しつつ、スタッフの負担を軽減するためには、業務量に応じた適切な人員配置と、人員不足に備えたヘルプ体制が重要です。

本記事では、ガソリンスタンドにおけるシフト管理で重要なポイントと、シフト作成に有効なツールについて解説します。

目次[非表示]

  1. セルフの拡大で24時間営業も
  2. 24時間営業で生まれる懸念点
  3. シフオプで無理のないシフト作成を
  4. まとめ


セルフの拡大で24時間営業も

ガソリンスタンドのセルフ式が始まった背景には、1998年の消防法の規制緩和があります。これまではスタッフが給油だけでなく窓拭きや灰皿掃除などさまざまなサービスを実施していましたが、法改正によって利用者が自分で給油できるようになりました。

セルフ式の利点は、利用者がフルサービスよりも低価格で給油できることです。現場のスタッフはこれまで行っていた業務が減り、スタンドの監視やトラブル対応が主な業務となります。

セルフ式はフルサービス式と比べて少人数で回せることから、人件費の削減や業務効率化など、経営の面から見ても大きなメリットです。また、昨今では人材確保が難しい状況のため、少人数のスタッフで回せるセルフ式が拡大傾向にあります。それに伴い24時間営業のガソリンスタンドも多く見られるようになりました。


24時間営業で生まれる懸念点

24時間営業は利用者にとって便利なサービスですが、少人数体制の現場のためスタッフや管理者への負担増加が懸念されています。

交通量の多い昼間には数人のスタッフがシフトに入っていることが一般的ですが、夜間はスタッフがひとりで対応している店舗も少なくありません。給油は利用者自身で行うものの、操作方法を教えたり、売上管理やスタンドの清掃をしたりと、業務がないわけではありません。ひとりで複数人の対応をするケースもあるため業務過多になる現場もあります。

さらに、危険行為や事故が起きていないかなど、安全面に配慮し、常に監視する必要もあります。そのため、精神的な負担も大きいといえるでしょう。

現場の人件費削減が期待できるセルフ式ですが、人手が足りず業務がスムーズに回らなくなるケースも考えられます。人件費率が低い店舗は、業務量に対して必要な人員を配置できているかを見直す必要があるでしょう。

また、スタッフひとりだけのシフトには、急病ややむを得ず出勤できなくなった際のフォローが不可欠です。店舗を維持するため、そしてスタッフが安心して働けるように、人手不足に備えた迅速なフォロー体制を整えることも課題のひとつといえます。


シフオプで無理のないシフト作成を

「人手不足で深夜の業務が回らない」「急な欠勤があったときに人員補填が大変」という問題を抱えている管理者は、スタッフのシフト管理を見直してみることが大切です。

シフト管理システムの“シフオプ”は、シフト作成時に売上予算を設定でき、人件費率の自動計算が可能です。売上予算に対する適切な人員数を把握しやすくなるため、人員が足りていない時間帯がわかりやすく、業務過多の防止に役立ちます。

また、シフオプにはヘルプ機能が備わっています。急な休みや忙しい状況で人手が足りないと感じたら、スタッフ全員にヘルプ募集の一斉送信が可能です。スタッフはスマートフォンやパソコン、フィーチャーフォンからヘルプ状況を確認できるため、急な欠員にもすばやく対応しやすくなります。シフト作成段階で人員が足りないときも同様です。事前にヘルプを募ることができるため、人手不足を未然に防止できるという利点があります。

このようにシフト管理を適切に実施することは、管理者の業務効率化だけでなく、スタッフの業務負担の軽減につながります。より働きやすい労働環境を整えることで、スタッフの定着率アップやサービス品質の向上にも良い効果が期待できるでしょう。


まとめ

セルフ式のガソリンスタンドの増加に伴い、24時間営業の店舗も増えています。24時間営業の店舗では一人で業務を回している店舗も多いため、業務過多や急なシフト変更への対応・対策が必要です。

シフオプは、人件費率を自動算出して業務負担の予測に役立てられるほか、ヘルプ機能によって急なシフト変更にも迅速に対応できます。業務過多による心身の不調を防止することにもつながるため、働きやすい職場への環境改善にも貢献します。

人材確保が難しくなっている時代だからこそ、スタッフが働きやすい職場づくりの一歩としてシフオプの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ・資料請求はこちらから