Original

従業員が安心して働けるシフト表の作り方のコツ

会社を運営する上で従業員の雇用は非常に重要ですが、従業員からシフトに関して不平不満が出てしまうと、職場の雰囲気が悪くなって業務に支障をきたす可能性があるでしょう。


最悪の場合、不信感から仕事を辞められてしまうという恐れもあります。ここでは、そのような状態に陥らないために、従業員が安心して働けるシフト表の作り方のコツをご紹介します。


目次[非表示]

  1. シフト制の職場で従業員から挙がりがちな不満
  2. 安心して働けるシフト作りのコツ
  3. 管理者・従業員両方のシフトの苦悩を軽減させるには
  4. まとめ


シフト制の職場で従業員から挙がりがちな不満

シフト制の職場では、カレンダー通りである一般的な定時制の職場と違って、従業員からの不満が挙がりやすいです。もっとも大きな問題は、祝日に関するトラブルです。シフト勤務の場合は、各従業員の希望に基づいて割り振りが行われます。きれいに希望や休日が分散すれば、誰からも不満が出ないのですが、そのようなことはまずないといえるでしょう。


ほとんどの場合は、勤務希望や休暇希望が重なってしまうことにより、調整が必要になります。特定の従業員ばかり休日希望が通らないと、不満が生じてしまうでしょう。そして、もう一つよくある事例としては、シフト管理者によるシフト作成が遅いということです。


従業員としては、シフトの希望を提出していると言えども、その希望が確実に通っているとは限らないので、休日の予定を組むことができません。いつまでもシフトが出てこないと従業員の不満がたまってしまうでしょう。また、その他の要因としては、早番や遅番のある会社特有の不満もあります。


特定の人ばかりが夜勤になってしまうことで、肉体的負担が多くなってしまうことによる不満があるでしょう。逆に、夜勤などになると手当がつくことから、自分が夜勤にあまり配置されないことに対する不満が生じるケースもあります。


安心して働けるシフト作りのコツ

従業員が安心して働けるシフトを作成するためには、どのようにするとよいのでしょうか?実際にあった事例をご紹介します。


全員でシフトを作る

シフト管理者が、従業員から受け取った希望をもとに、独自でシフトを作るため不満が生じている場合があります。そのため、従業員全員でシフトを作ることで、満足度を高めた事例があります。各人が休日の希望を出し合い、全員でシフトの調整ができるという点が大きなメリットです。


仮版を作って調整する

いきなり確定版のシフト表を掲示するのではなく、仮版のシフト表を作成して、一度従業員に確認をとります。どうしても都合の悪い場合は、シフト管理者へ相談するだけではなく、従業員同士での交代の相談もつきやすいでしょう。


公平なシフトを作る

従業員全員の希望をすべて叶えるのは、かなり難しいです。会社の都合もあるため、どうしても希望通りのシフトにできないことがあるでしょう。そのような場合は、できるだけ平等で公平なシフトを作るように心掛けましょう。シフトのずれに偏りが生じてしまうと、どうしても不満が生じてしまいます。バランスよく休暇がとれるように、土日や祝日の休暇希望の日数には制限を設けるなど、偏りなくシフト希望を出せるようなルールを設けてみましょう。


確認する姿勢を見せる

どうしても希望シフトからずらさなければならない場合に、シフト管理者の方で勝手に決めるのではなく、事前に従業員に確認をとるようにしましょう。従業員側も、「仲間に迷惑をかけたくない」「協力できるならしたい」という気持ちを持っている人は多く、シフト管理者がシフトの確認をすることにより、勝手に決められたという不満が生まれにくくなるでしょう。


管理者・従業員両方のシフトの苦悩を軽減させるには

シフト管理者と従業員、共にシフトに関しての悩みや不満をなくすためには、いくつかの方法があります。


シフト管理ツールの導入

パソコンソフトやスマホのアプリなどを使って、簡単にシフト希望申請の提出やシフト作成ができるシフト管理ツールの導入をする企業が増えています。たとえば、『シフオプ』というシフト管理ツールは、さまざまな応用が可能なソフトです。実際に導入した企業では、スマホや携帯でシフト希望をいつでもどこでも提出することができ、作成したシフト表をリアルタイムに共有することを実現しました。


それによって、作成中であっても社員に対してシフト調整の相談が容易にできるようになっているようです。また、シフト管理者もシステム上で完結できるうえに、シフト調整に偏りがないかを簡単にチェックできるようになったそうです。


良好な人間関係の維持

職場内での人間関係も重要です。人間関係が良好であれば、多少のシフト調整を受け入れられることが多いです。その人間関係を構築するためには、周囲への配慮を怠らないようにする必要があります。前述でご紹介したシフト表の作り方のコツを参考にしたうえで、お互いに配慮できるようなシフト作りを目指しましょう。


まとめ

「休日の希望が通らない」「偏った人ばかりシフトの優遇がされている」など、シフト制の会社では、従業員から不満が出やすくなってしまいます。全員でシフトを作ったり、仮版を作って調整したりするなど、できるかぎり公平なシフト作りをすることが不満の少ないコツといえるでしょう。

また、専用のシフト管理ツールを導入することで、管理者と従業員の間の不満や負担が軽くなることでしょう。

シフト管理システム「シフオプ」の詳細はコチラからお問い合わせください。


人気のコラム

管理職必須!社員やアルバイトの仕事を管理するコツ

アルバイト管理の秘訣とは?成功のポイントやうまくいかない理由

バイトの稼働率が上がらない…。向上のためのコツや知っておきたいポイント

アルバイトの法定休日って?休日の種類や内容について


人気のコラムをもっと見る

お問い合わせ・資料請求はこちらから

人気記事ランキング

タグ一覧