catch-img

飲食店のハウスルールを作成するメリットと作成のポイント

飲食店経営において、「サービスに対する品質や姿勢が平準化できていない」「新人スタッフが定着しない」などの課題を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

店舗内のスタッフが共通の意識を持ち、サービス品質や働きやすさを保つためには、ハウスルールの作成が有効です。

この記事では、ハウスルールの概要をはじめ、飲食店がハウスルールを作成するメリットや作成のポイントについて解説します。


目次[非表示]

  1. ハウスルールとは
  2. 飲食店がハウスルールを作成するメリット
  3. 飲食店におけるハウスルール作成のポイント
  4. まとめ


ハウスルールとは

ハウスルールとは、会社や組織が独自に定めた基本ルールのことをいいます。

ハウスルールの作成によって、スタッフのモチベーションを向上させ、働きやすさやサービス品質の向上につなげることが目的です。飲食店では、以下のようなルールが定められることが一般的です。


▼飲食店におけるハウスルールの例


内容
経営理念・サービス指針
  • 店舗のあるべき姿
  • サービスに対する考え方
  • 将来的な目標
働くうえでの心構え
  • 仕事への向き合い方
  • お客さまのおもてなし方
  • 求められるスタッフ像
  • 仕事に対する価値観
業務・勤務に関する規則
  • 身だしなみのルール
  • あいさつの仕方
  • 仕事中の基本的なマナー
  • 出勤時・退勤時のルール
  • シフトの希望の出し方
職務上の禁止事項
  • 遅刻・欠勤に関する連絡方法
  • 金銭の取扱いルール



飲食店がハウスルールを作成するメリット

飲食店がハウスルールを作成するメリットには、主に3つが挙げられます。


①スタッフのモチベーションを高められる

ハウスルールを作成して組織としての目標・価値観などを店舗全体で共有することで、同じ方向性に向かって努力する意識を高められます。

ともに働くスタッフ同士のつながりを醸成して、責任感ややりがいを生み出すことが可能です。これにより、スタッフの仕事に対するモチベーションを高め、自主的・意欲的な行動を促せるようになります。


②サービス品質を平準化できる

接客マナーや料理の提供方法などをハウスルールで定めることで、サービス品質のばらつきを解消できることもメリットの一つです。お客さまに対して統一したサービスを提供できるため、満足度の向上につながります。

また、業務上のルールを定めることにより仕事で必要な行動や姿勢が明確になり、業務効率の向上、または新人スタッフの教育にも役立てられます。


③定着率を向上できる

ハウスルールのなかに勤務に関するルールを盛り込めば、スタッフの働きやすさを向上させることも可能です。飲食店においては、以下のようなルールが挙げられます。


▼勤務に関するハウスルールの例

  • 休憩室・更衣室の使い方
  • 掃除・ごみ捨ての当番
  • シフト希望の日数・申請期間
  • 出退勤時のあいさつ・準備・後片付けの仕方

このような勤務ルールを決めることで、特定のスタッフに負荷がかかるのを防ぎ、スタッフ間の不公平感をなくすことが可能です。

また、声掛け・あいさつのルール化によって、社内の人間関係を良好に保つ効果も期待できます。職場の雰囲気、人間関係をよくしてスタッフの離職を防ぎ、誰もが働きやすい職場へとつなげられます。



飲食店におけるハウスルール作成のポイント

ハウスルールの作成にはスタッフのモチベーション向上やサービス品質の平準化などのメリットがありますが、ルールを厳しく設定しすぎると逆効果になってしまいます。

ルール作成時には、スタッフの働きやすさに配慮し、モチベーションを下げないための工夫が必要です。ここからは、ハウスルールを作成するときのポイントを3つ紹介します。


①経営理念・基本方針を明確にする

まずは、経営理念・基本方針を明確にしてスタッフに分かりやすく伝えることが重要です。飲食店の経営理念・基本方針には以下のような例が挙げられます。


▼経営理念・基本方針の例

  • お客さまに笑顔と活気を届ける
  • ホスピタリティのあるおもてなしをする
  • 心のこもった家庭料理で毎日に活力を届ける
  • こだわり食材で心と体を健康にしてもらう

店舗の存在意義や価値観をスタッフと共有することで、一人ひとりが組織の一員であるという意識を高められます。これにより、スタッフが仕事に対してのやりがいを感じて、より意欲的に仕事に取り組めるようになります。


②スタッフへのメリットを盛り込む

ハウスルールには、スタッフのメリットとなる制度を盛り込むこともポイントです。具体的には、ハウスルールを遵守することに対する報酬や表彰制度などを導入することなどが挙げられます。


▼スタッフのメリットとなる制度の例

  • 仕事の難易度をランク分けし、上位にインセンティブを付与する
  • 応対品質の評価制度に基づいて時給をアップする
  • 新メニュー・サービス案が採用されたスタッフにギフト・寸志を付与する
  • 来店者アンケートで評価の高かったスタッフにギフト券を贈る

スタッフがメリットを感じる制度を取り入れることで、ハウスルールを遵守する意識や成長意欲を引き出し、人材の定着を促せるようになります。


③スタッフの要望・不満を考慮する

ハウスルールを作成する際は、働くスタッフの意見を取り入れることが欠かせません。管理者が一方的に決めたルールよりも定着しやすく、働きやすさの向上にもつながります。面談やアンケートなどを実施し、スタッフの要望・不満を収集しましょう。

特に、シフトの休み希望や提出方法、申請期日などはスタッフの働きやすさに関わる重要な要素の一つです。スタッフ間で不公平感が出ないよう、以下のようなルールを定めるとよいでしょう。


▼働きやすさ向上のためのルール例

  • 時短勤務を導入する
  • 正社員登用制度を導入する
  • シフトの申請方法・提出期限を決める
  • 希望休の日数を決める

なお、シフトに関するハウスルールを運用する際は、シフト管理を適切に行えるツールの活用も有効です。

シフオプ』では、スタッフのシフト希望をベースに人員を調整できるため、公平なシフト作成を実現できます。アプリ上でシフトを提出・共有することで、スタッフの利便性を向上できるのもポイントです。

さらに、シフト締切日の前には、事前に設定したタイミングでスタッフにメールやアプリで通知を送れます。提出忘れや後出しによる修正を防ぎ、適切なシフト管理を行うことが可能です。



まとめ

ハウスルールの作成により、飲食店で働くスタッフのモチベーションの向上やサービス品質の平準化、定着率の向上が期待できます。

ハウスルールを作成する際は、飲食店としての経営理念・方針を明確化することがポイントです。経営者・管理者の視点だけではなく、スタッフの要望・不満を吸い上げて反映していくことも欠かせません。

特に、シフトの提出方法・休み希望のとおりやすさなどは、スタッフの働きやすさに直結します。公平かつ適正なシフト作成・管理に向けて、ハウスルールの作成と『シフオプ』の活用を検討されてはいかがでしょうか。

お問い合わせ・資料請求はこちらから

シフト管理効率化・人件費管理強化サービスシフオプ利用ユーザー数80,000人突破!資料ダウンロード(無料)
月40時間以上の業務節減!!業務効率化・人手不足対策・人件費・管理強化・シフト管理効率化など...

人気記事ランキング

タグ一覧