catch-img

厳選!おすすめシフト管理アプリ・ソフト5選 | 選び方までわかりやすく解説

従業員のシフト管理に手間がかかっている、効率が悪くて悩みがちだという方も多いのではないでしょうか。実際、シフト管理に時間がとられている企業が少なくありません。


この記事ではシフト管理での悩みをかかえている方に向けて、シフト管理アプリ・ソフトを利用するメリットや、おすすめのアプリ・ソフト、選び方までを徹底解説します。シフト管理アプリ・ソフトを導入する際は、ぜひ参考にしてください。


シフト管理アプリ・ソフトを利用するメリット

シフト管理アプリ・ソフトを利用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、3つのメリットを挙げて解説します。


シフト作成の負担が減らせる

従業員の希望する日時を用紙に記入してもらったり、一人ひとりに直接確認しながら要望を調整するのは手間がかかる作業です。期日までにシフトを作成しなければならないというプレッシャーもあり、気持ちにも大きな負担になります。


シフト管理アプリ・ソフトを利用すれば、シフトを作成するまでの工程の多くを効率化でき、シフト作成の際の負担も軽減できます。


適切な人員配置ができる

シフト管理アプリ・ソフトを利用すれば、従業員の登録済み情報が自動的に反映されます。出勤希望日はもちろん、スキルレベルなども考慮してシフトを組めるため、曜日ごとの来客数の違いなどにも考慮したシフト表を作成することができます。


シフトの偏りや長時間の拘束といったトラブルが発生するリスクを抑えつつ、人件費のカットにもつながるような最適な人員配置が可能になります。


修正希望に対応しやすい

紙でシフト希望を提出する場合、担当者の転記ミスがあったり、修正希望にすぐに対応しきれなかったりというトラブルが発生しがちです。しかし、シフト管理アプリやソフトなら従業員から直接シフトの希望を出せるので、転記ミスの恐れがありません。通知機能で出し忘れを予防することもできます。


また、シフト表を共有することで、修正希望にも即座に対応でき、従業員本人も確認しやすいといった利点があります。


シフト管理アプリ・ソフトを選ぶ際のポイント

実際にシフト管理アプリ・ソフトを選ぶ際のポイントはどこにあるのでしょうか。以下に4つのポイントを挙げて解説します。


自社の業種に合っているか

シフト管理アプリ・ソフトを選ぶ場合は、自社の業態や勤務形態に合っているかを考える必要があります。たとえば、日勤・夜勤がある医療系の業種、24時間営業の飲食店、指導スケジュールによってシフトが変わる学習塾など、業種によってシフトの組み立て方は異なります。複数の店舗があるなら、各店舗を一括管理できるシステムが便利かもしれません。


対応人数や自社の求めるシフト体系に即したシステムを組めるのかどうかを事前に確認しておきましょう。


自社の勤務形態に合っているか

シフト管理アプリ・ソフトを選ぶ際に大切なポイントのひとつが、自社の勤務形態に合っているかどうかです。


アルバイトやパートが多い場合は、従業員の勤務形態を柔軟に設定できるシステム、多数の店舗展開がある飲食店なら店舗間での人員補充に対応できるシステム、医療業界なら夜勤・日勤を含む複雑なシフト管理が可能なシステムといった具合に、自社の勤務形態に対応できるものを選ぶようにしましょう。


自社の勤怠管理システムと連携できるか

シフト管理アプリ・ソフトを選ぶ際、もうひとつ重要なのが、自社の勤怠管理システムと連携できるかどうかです。勤怠管理システムのデータをシフト管理アプリ・ソフトに反映できれば、過去の計画や実績を比較したり、自動作成されたシフト表を自社の勤怠管理システムに反映させたりできます。


連携用のCSV形式標準フォーマットが搭載されているものならデータの共有が可能です。事前にしっかりチェックしておきましょう。


サポート体制が充実しているか

シフト管理アプリ・ソフトに一度不具合が生じれば、従業員が勤務日時を確認できず、現場に混乱が生じます。しかし、サポート体制が整ったシフト管理アプリ・ソフトを選んでおけば、アクシデントにすぐに対応してもらうことができ、疑問などにも速やかに回答してもらえます。


導入後の運用を考えると、サポート体制が充実したアプリ・ソフトを選ぶことが重要なポイントです。


厳選!おすすめシフト管理アプリ・ソフト5選

次に、導入するのにおすすめのシフト管理アプリ・ソフトを5つ厳選し、解説します。ぜひ参考にしてください。


シフオプ


(画像:シフオプ


リクルートが提供しているシフト管理システムが「シフオプ」です。


・特徴

「シフオプ」の最大の特徴は、複数の店舗間で人材を共有できるシフト管理ができることです。欠員状況が可視化できるだけでなく、複数店舗間でのシフトの共有、一括操作でのヘルプ募集などの機能がついているので、急なシフトの変更にも柔軟に対応できます。労働時間が超過しそうな場合は、労働管理アラームで知らせてくれるのも便利なポイントです。


・費用

初期費用はかかりません。利用するユーザー数によって料金が変わり、ユーザー100名までの基本プランは月額30,000円です。1,000名以上ならお得なIDパックプランを利用でき、1,000名で270,000円、1,250名で335,000円といった具合にユーザーごとの料金設定になっています。(2019年8月時点)


airシフト



(画像:AirSHIFT


従業員とのやりとりや業務調整を楽に行えるのが、「airシフト」です。


・特徴

従業員への希望シフト提出依頼が自動化されており、大枠のシフト作成をボタンひとつでできるなど、シフト表作成が容易になります。チャット機能を活用すれば出勤依頼や欠勤申請などが確認しやすく、シフト表の修正・変更などにおける負担も軽減されます。付属する勤怠管理機能でおおよその人件費を算出できるのも利点です。


・費用

利用開始月と翌月は利用料無料で、翌々月から料金が発生します。10名までで月額1,000円、11名~15名で2,000円、16名~20名で3,000円といった具合に利用ユーザー数で料金が変わる重量課金制で、1ヶ月間の最大利用人数で料金が確定します。(2019年7月時点)


R-Shift


(画像:R-Shift


「R-Shift」は、小売業やサービス業に特化したシフト管理システムです。


・特徴

小売業やサービス業で多店舗展開している企業に特化したシフト管理クラウドサービスです。月間のシフト表や作業の割当、またレジの割当などを自動で作成できるだけでなく、来店客数を予測する機能も付属しています。勤怠システムとの連携機能などもあり、自社の業務体系に合わせて導入できるのが強みです。


・費用

ユーザー1人ごとに300円の価格設定です。このほかに初期費用(500,000円~)もかかります。(2019年8月現在)


jinjer勤怠


(画像:jinjer勤怠


「jinjer勤怠」では、勤怠管理システムと連結したシフト管理が可能です。


・特徴

スマートフォンやタブレットに対応した勤怠管理システムにチャット機能を搭載し、シフト管理などもチャットで提出できます。稼働予定人数がひとめでわかるデザインや、勤務時間からリアルタイムで給与を計算できるシステムなど、勤怠管理システムとの連携を最大限活かした管理ができるのが強みです。


・費用

人事管理・勤怠管理・労務管理・コンディション管理・経費管理・マイナンバー管理・採用管理の各種サービスの中から、いくつのサービスを組み合わせるかで利用1人あたりの単価と初期費用が異なります。3サービスを利用するHR Standardコースの場合、利用1名あたり600円、初期費用として150,000円かかります。(2019年8月時点)


ジョブカン勤怠管理 


(画像:ジョブカン


「ジョブカン」は幅広い業種でのシフト管理に対応可能なクラウドシステムです。


・特徴

時差や英語環境に対応していたり、メールやチャット、電話でのサポート体制も充実していたりと、かゆいところに手の届くサービスが強みです。ICカードや静脈認証への対応、オフィスから飲食・医療業界など幅広い業種形態への対応も可能になっています。部署や雇用形態ごとに就業規則やアラートメールなどを細かく設定できるのも便利です。


・費用

出勤管理プラン・シフト管理プランのどちらも、単体で利用の場合、ユーザー1名あたり月額200円で、初期費用はかかりません。ただし、プランごとに料金体系が異なりますのでご注意ください。(2019年8月時点)


まとめ

この記事では、シフト管理アプリやソフトを導入するメリット、選ぶ際のポイントなどを解説しました。おすすめのシフト管理アプリやソフトも紹介しているので参考にしてください。


シフト管理アプリ・ソフトは、自動でシフト作成や勤怠管理をしてくれます。「シフオプ」は、複数の店舗でシフト管理を共有でき、適切な人員配置によるコストの最適化ができます。


また、労働時間が超過しそうな場合は、労働管理アラームで知らせる機能も付いています。労務コンプライアンス面も強化できるので、従業員のシフト作成や管理に悩んでいる方は、ぜひ一度「シフオプ」を試してみてはいかがでしょうか。


シフト表を簡単に作成・調整できる「シフオプ」はこちら


導入事例

お問い合わせ・資料請求はこちらから

人気記事ランキング

タグ一覧