catch-img

警備員のシフト表の特徴|仕事の長さと内容によってシフトも様変わり

シフト管理業務の中でも、24時間空きを作ることができない業務のシフト作成は、非常に重要な仕事です。シフトに穴を開けてしまうと、業務が成り立たなくなったり、お客さんに迷惑をかけてしまったりすることもあるでしょう。特に、警備員の仕事の場合、シフト表の作り方によってはスタッフが負担を強いられる可能性があります。ここでは、警備員のシフトの特徴や、注意すべきポイント、そしてシフト表作成のコツなどについて、詳しくご紹介していきます。


目次[非表示]

  1. 警備員のシフトでよくあるパターン
  2. 警備員のシフト作成の難しさ
  3. 警備員のシフト作成のコツ
  4. まとめ


警備員のシフトでよくあるパターン

警備員の仕事は、施設警備や工事現場の警備など、内容はさまざまです。特定の時間帯だけ警備にあたるケースもありますが、24時間警備が必要な仕事であることもあるでしょう。同じ警備員であっても、業態によって働き方が大きく変わります。ただ、一般的な傾向としては、24時間警備を行っている警備会社のほうが多いでしょう。


現場においては、主に2交代制であるケースが多い傾向にあります。2交代制の場合、日勤と夜勤に分けられ、途中休憩をはさみながら勤務をしていきます。勤務時間としては、日勤は8時から17時、夜勤は20時から翌5時といったように連続していないパターンと、12時間ごとで交代をするパターンがありますが、警備内容によって異なります。


また、24時間警備を行っているのであれば、3交代制や当務といった勤務形態もあります。3交代制は、1日を8時間で分けて業務を回す勤務形態です。当務とは、24時間勤務して翌日休むといった勤務形態となります。ただし、24時間勤務は、どんな会社でも適用することができるわけではありません。変形労働時間制の勤務形態を採用している必要があるので、注意しましょう。


深夜勤務や、24時間勤務がある警備員のシフト表作成は、一般的なアルバイトと違い、さまざまな制約が生じるケースがあります。それらの制約に違反してしまわないように、十分注意する必要があるのです。


警備員のシフト作成の難しさ

警備員スタッフのシフト表作成は意外に難しいです。日勤や夜勤などの勤務形態があることで、不規則なシフトにならないようにする必要があります。特に、夜勤明けにはしっかりと休息を取るようにしないといけないのですが、人員が足りない場合は、十分な休息を与えられないケースも少なくありません。それにより、スタッフの負担が非常に重くなり、体調を崩してしまったり、スタッフとの関係が悪くなったりしてしまう恐れがあるでしょう。


また、フリーターのスタッフがいる場合、シフトの融通が利くケースが多いです。希望が集まらない時間や曜日に勤務を頼んだり、欠勤してしまったスタッフの代わりに入ってもらったりすることが多くなってしまいます。また、このようなスタッフはシフト管理者からすると重宝するので、積極的にシフトを組んでしまうこともあるでしょう。


しかし、融通が利きやすいスタッフばかりにシフトのしわ寄せがいき負担が大きくなることは、おすすめできません。シフトのバランスがスタッフ間で崩れてしまうことで、不公平感が生じてしまうでしょう。このような状態になってしまうと、さまざまないざこざが生じてしまい、トラブルになるケースも少なくありません。スタッフ全員が満足できるようなシフトを作成するのは、意外に難しいのです。


警備員のシフト作成のコツ

効率よくシフトを組むポイントとしては、正社員であるシフト管理担当者と、アルバイトスタッフ一人ひとりとの関係を、常に良好な状態にしておく必要があります。関係が良好でないと、突然の欠勤やシフトに穴が開いた際に勤務をお願いしても、快く了承してもらえない恐れがあるでしょう。


だからといって、出勤を強制してしまうと、さらに関係が悪化してしまいます。日頃から、関係を良好にしておけば、スタッフ不足の際にも柔軟に対応してもらえる可能性が高まるでしょう。また、管理者とスタッフだけではなく、スタッフ同士の関係を良好にしておくことで、万が一の欠勤時にも連携を取りやすくなります。シフトを管理するだけではなく、人間関係を統括することも重要なことです。


また、シフトに偏りが出ないようにすることも大事です。特定の人に早番や遅番といった勤務が連続してしまうと、負担が生じるだけではなく、スタッフからの不満も生じてしまいます。負担が大きくなるような勤務は、平等に分けることで、不公平感をなくすことができるでしょう。たとえば、1週間ごとに夜勤と日勤を交代させるなどのルールを作ることで、全員をまんべんなく日勤や夜勤に従事させることができます。


まとめ

警備員の仕事の中でも、24時間警備を行っている会社のシフト表管理は、非常に難しいです。日勤や夜勤の配分、夜勤後の休息などを考慮してシフトを作成しないと、スタッフからの不満が爆発してしまいます。効率よく警備員のシフトを作成するためには、ある程度シフトの融通が利くように、アルバイトスタッフとの関係を良好にしておく必要があります。また、負担の大きい夜勤などの仕事は、平等に配備できるようにすることも大切です。

効率よくシフト作成できる「シフオプ」はこちら。


人気のコラム

大変なアルバイトのシフト管理を簡単に解決するツール「シフオプ」が便利!

アルバイトも有給休暇の付与対象!労働基準法での「アルバイトの有給休暇」にまつわるルール

バイトの人手不足で仕事が回らない問題の改善に「シフオプ」で現状把握を!

人手不足を解消したい!そんな悩みの解決におすすめの「シフオプ」とは?


人気のコラムをもっと見る

お問い合わせ・資料請求はこちらから

人気記事ランキング

タグ一覧