catch-img

病院におけるシフト管理の問題はシステムで解決!

24時間体制で交代制勤務を導入している病院では、日勤や夜勤といった複数の勤務形態のほか、イレギュラーな対応も必要です。

人員配置や法定労働時間、勤務間インターバルなどを考えてシフトを管理する必要があるため、労力がかかりやすいという問題があります。適正かつ効率的なシフト管理を行うには、シフト管理システムの活用が有効です。

この記事では、病院でのシフト管理の問題をはじめ、シフト管理システムの導入メリットについて解説します。


目次[非表示]

  1. 病院におけるシフト管理の問題
  2. 病院のシフト管理問題はシステムの導入で解決
  3. まとめ


病院におけるシフト管理の問題

病院のシフト管理が煩雑になってしまうのには、主に3つの問題が関係しています。特に、紙面・Excelを使ったアナログな管理を行っている場合、シフト作成に多くの時間を割かなければならないこともあります。


①勤務形態が異なる

24時間体制の病院では、3交代制や2交代制が採用されていることが一般的です。

日勤・準夜勤・夜勤といった複数の勤務形態がある場合、規則的なシフト作成が難しくなり、次のような問題が生じやすくなります。


▼シフト管理の問題

  • 休憩時間や勤務間インターバルが確保できない
  • スタッフの勤務希望と必要な人員数が合わずに欠員が生じる
  • 「夜勤が続く」「連続勤務が続く」といったシフトの不公平が生じる など

シフトを作成する際は、法令で定められた休憩時間や勤務間インターバルを遵守することが欠かせません。同様に、スタッフのシフト希望を考慮すること、スタッフ間の公平性を維持することも重要です。


②残業や休日出勤が発生しやすい

救急患者や容体が急変した患者の受け入れがある病院、または入院患者のいる病院では、緊急措置をはじめとしたイレギュラーな対応が発生しやすくなります。

急な対応が必要になったとき、当初のシフトで人員が足りない場合には、スタッフに早出や残業をお願いすることもあります。

それにより、次のような問題が生じて法定労働時間・休日・休憩時間を守れなくなるリスクが高まります。


▼シフト管理の問題

  • ナースコールや急患などの対応で、休憩が取れなくなる
  • 緊急対応に追加人員が必要になり、スタッフの休日出勤が発生する
  • 患者の急変に対する措置が必要になり、残業が発生する など

このようなリスクを回避するためには、イレギュラーな事態にも柔軟に対応できる人員配置やヘルプ体制を構築する必要があります。また、労務違反を防ぐために、問題のあるシフトに早い段階で気付けるようなシステムが必要です。


③資格・スキルを考慮する必要がある

病院・診療所施設・人員配置基準

画像引用元:厚生労働省『病院・診療所病床に関する主な人員の標準


病院のシフトを作成する際、『医療法(昭和二十三年法律第二百五号)』で定められた人員配置標準に則った人員配置を行う必要があります。しかし、医師・看護職員・薬剤師・栄養士といった有資格者にシフトが集中しやすくなるため、特定のスタッフに労働負担がかかりやすいという問題があります。

また、現場を円滑に稼働させるには、スタッフのスキル・経験も考慮する必要があるため、病院での人員配置は複雑になる傾向にあります。


▼シフト管理の問題

  • 有資格者に長時間労働や連続勤務が発生しやすい
  • 新人スタッフとベテランスタッフの配置調整に労力がかかる
  • 人手不足の現場でシフトに空きが生じてしまう など

これらの問題を解決するためには、シフト管理体制を整えることが重要です。

出典:e-Gov法令検索『医療法(昭和二十三年法律第二百五号)』/厚生労働省『病院・診療所病床に関する主な人員の標準



病院のシフト管理問題はシステムの導入で解決

病院のシフト管理問題を解決するには、シフト管理システムの導入が有効です。システムを活用することで、紙面・Excelによるアナログ管理にかかる労力・時間を削減して、適正かつ効率的なシフト管理が可能になります。

ここからは、シフト管理システムを活用して実現できることについて解説します。


シフトパターンを定型化できる

一般的なシフト管理システムは、日勤・準夜勤・夜勤といった複数の勤務形態に対応しています。労働時間帯・休憩時間・休日数などの条件を事前に設定しておくことで、2交代制・3交代制といった病院ごとのシフトパターン(モデルシフト)の作成が可能です。

シフト希望を収集した後は、定型化したシフトパターンに沿ってシフトを作成できるようになります。

これにより、病院の勤務形態に合わせたシフトを作成できるほか、アナログなシフト作成にかかる労力の削減にもつながります。


▼活用例

  • 法令で定められた休日、休憩時間、勤務間インターバルを確保する
  • 連続勤務や夜勤の回数をチェックして、スタッフ間のシフトの偏りを解消する


労務コンプライアンスチェックができる

シフト管理システムを利用することで、労務コンプライアンスのチェックが可能になります。

たとえば、労務違反に抵触するシフトに自動で警告やアラートが表示される機能を搭載したシステムを使用すれば、法令で定められた労働時間・休日数を遵守できているか、目視・手動でチェックする必要がなくなります。そのため、見落としや計算ミスの防止が可能です。

また、シフト作成時には、曜日・時間帯ごとの人件費が自動で算出されます。長時間労働や連続勤務が続いていないかチェックできるため、労働負担の偏りを避けつつ、労務コンプライアンス違反の防止、過労の防止につなげられます。


▼活用例

  • 労働負担の大きいスタッフのシフトを見直して、長時間労働を是正する
  • 法定労働時間を超えそうなスタッフの労働時間・休日数を調整する


資格やスキルを考慮した人員配置ができる

シフト管理システムを利用すると、業務や時間帯ごとの人員配置状況を可視化できます。自社でスタッフの情報を見やすく加工する手間を省けるため、柔軟な人員調整をスムーズに実施することが可能です。

また、医師・看護師・薬剤師・栄養士などの職種やフロア、診療科などのグループ別にシフトを管理することもできます。

法令で定められた人員配置基準を遵守しつつ、スキルや経験を考慮して、円滑に業務を進められる体制を構築できます。


▼活用例

  • 忙しい時間帯にベテランスタッフを配置する
  • 特定の有資格者に労働負担が集中している場合、ほかの有資格者と連続勤務や夜勤の回数を調整する
  • 新人スタッフが在籍している時間帯に、サポート役となるスタッフを配置する



まとめ

この記事では、病院におけるシフト管理について、以下の項目で解説しました。

  • 病院におけるシフト管理の問題
  • 病院のシフト管理問題を解決できるシステム

24時間体制の病院では、日勤・夜勤など複数の勤務形態でローテーションを組む必要があります。また、急患や緊急手術などのイレギュラー対応によって、残業・休日出勤が発生しやすいことも特徴です。法令に則った人員配置基準や労働時間なども遵守するとなると、シフト管理が煩雑になりやすくなります。

法令を遵守しつつ、公平で円滑に業務を遂行できる人員配置を行うには、シフト管理システムの活用が有効です。

シフオプは、2交代制・3交代制といったさまざまな勤務形態に対応しています。法令や自社で設定したルールに沿ったシフト作成ができるほか、スキル・経験に応じた柔軟な人員調整が可能です。

さらに、欠員補充に役立つヘルプ機能も備わっているため、緊急対応で増員が必要になった場合にもスムーズな人材確保を実現できます。

病院のシフト管理にお悩みの方は、ぜひ『シフオプ』へお気軽にお問合せください。

お問い合わせ・資料請求はこちらから

シフト管理効率化・人件費管理強化サービスシフオプ利用ユーザー数80,000人突破!資料ダウンロード(無料)
月40時間以上の業務節減!!業務効率化・人手不足対策・人件費・管理強化・シフト管理効率化など...

人気記事ランキング

タグ一覧