catch-img

映画館のシフト作成は苦労が絶えない! 管理方法、見直してみませんか?

映画館は、普段関わりがない人と、映画を通して感動を共有できる場所です。お客様に快適な時間を過ごしてもらうために、毎日さまざまなスタッフが業務に励んでいます。

映画館の業務は幅広いため、アルバイトスタッフも多く在籍しています。大勢のスタッフを抱える現場ではシフト管理が難しく、負担となっているという声も多く聞かれます。

本記事では、映画館のシフト作成が難しい理由や、シフト管理を効率化できるシステムの活用とその事例について解説します。

目次[非表示]

  1. 映画館のシフト作成で苦労していませんか?
  2. 効率化するには?
  3. 年間約480時間を削減した事例も
  4.  まとめ


映画館のシフト作成で苦労していませんか?

映画館のシフト作成が難しいと言われている理由には、映画館ならではの特徴があります。詳しく見てみましょう。

営業時間が長い

映画館は、早朝から深夜までと営業時間が長いことが一般的です。早朝割引やレイト割引などを取り入れている映画館では、朝9時台~夜23時台まで放映している劇場も多くあります。

一日の営業時間が長いため、早番、中番、遅番など各時間帯でスタッフの入れ替わりが発生します。シフト作成時は、すべての時間帯に人手が足りているか、長時間勤務になっていないかなどを確認しなければならないため、スタッフの人数が多くなるほど管理が複雑になります。

セクションが多い

仕事内容がいくつかに分かれていることも映画館ならではの特徴です。チケットカウンター(ボックス)をはじめ、ポップコーンやドリンクなどの飲食物を販売する売店(コンセッション)、お客様をスムーズに案内するフロア業務など、多くのセクションがあります。スムーズに現場を回せる人員を各セクションに適切に配置する必要があるため、スタッフのバランス調整が難しくなることがあります。

スタッフのスキルの平準化を図り、定期的に業務をローテーションする職場もあります。このような場合は、経験やスキルを把握しておくことが必要なため、人員の振り分けがさらに複雑になります。

スタッフ数が多い

営業時間が長くセクション数も多い映画館は、規模が大きくなるほどスタッフの人数も多くなります。映画館の規模によっては数百人のスタッフを抱えていることもあるため、シフトの管理や調整が非常に大変です。

さらには土日祝日やゴールデンウィーク、映画の公開初日などは、来館者が多くなります。時間帯や混雑状況を見越してスタッフの人数を調整する必要もあるため、在籍しているスタッフの人数が多い映画館ほどシフト管理が煩雑化しやすいといえるでしょう。


効率化するには?

スタッフの人数が多く業務内容も幅広い映画館は、シフト管理業務にかかる負担が大きくなりがちです。管理者はシフト作成以外にも、現場の運営やスタッフへの指示など、通常業務を同時にこなす必要があるため、いくら負担が大きくてもシフト作成に多くの工数を投入することは難しいでしょう。快適な映画館の環境を維持し、サービスを向上させるためにも、「いかにシフト管理を効率よく行うか」が重要といえるでしょう。

たとえば、現在のシフト管理に毎月10時間かかっているという場合は、年間にすると120時間という工数がかかっていることになります。シフト管理を効率化してほかの業務に注力することができれば、よりよい設備の導入やサービスの向上に役立てられるでしょう。

では、シフト管理業務を効率化するためには、どのような方法があるのでしょうか。
ここからは、シフト管理業務を効率化する方法についてご紹介します。

システムを導入する

シフト作成に時間がかかる、人員調整が難しく作業が煩雑化しているという映画館は、シフト管理システムの導入を検討してみましょう。

さまざまな種類が展開されているため、自社の業種や形態に合うシステムを選ぶように注意してください。営業時間が長い、セクション数が多い、スタッフ数が多いといった特徴を持つ映画館には、以下の機能を備えたシステムがおすすめです。

  • 時間帯ごとの人員過不足状況を可視化できる
  • 業務内容別のセクションに分けてシフトを作成できる
  • 数に上限なくスタッフを登録できる

現場を円滑に回すためには、各時間帯で適切な人員を配置する必要があります。シフト作成時には、どの時間帯にだれが配置されているかをひと目で把握できるよう、人員過不足を可視化できる機能があると便利です。

また、各セクションでスタッフの動きを把握するために、担当業務別にシフト作成できるシステムを選びましょう。在籍するスタッフの数が多い映画館は、一人あたりの金額で契約でき、利用人数の上限がないシステムがよいでしょう。人員の増減があったときにもスムーズに対応できます。

シフト管理システムの"シフオプ”は、上記の機能をすべて搭載しています。
シフト作成時に人件費を自動計算して、人員過不足を考慮したモデルシフトを表示することも可能。シフト作成にかかる時間を大幅に削減できるというメリットがあります。

さらに、シフオプは連続勤務や長時間労働といったリスクが高いシフトは、作成時にアラートを表示してコンプライアンス違反を未然に防止します。人数が多い映画館にこそ必要な機能といえるでしょう。


年間約480時間を削減した事例も

シフオプを導入し、年間約480分の工数を削減した映画館の事例を見てみましょう。

TOHOシネマズ株式会社様の事例

TOHOシネマズ株式会社様では、アルバイトスタッフの人数が250名以上在籍している大型店を含め、多拠点で大規模な劇場を運営されています。担当業務もフロアやチケットカウンターなど主に5つのセクションに分かれていることなどから、シフト作成に1~2日もの時間を要していました。

シフトを作成する際も、スタッフが手書きで提出した希望シフトをもとにエクセルに転記する手作業でした。毎週一人ひとりの勤務時間や休日を入力している手間が大きな負担となっていたとのことです。

こうした状況を改善するためにとシフオプを導入。
従業員の希望シフトは管理画面に集約されるため、従来の回収・手入力という作業が不要になりました。

簡単操作でだれでも管理できる点や、複数人が同時に作業できる便利さなどから作業効率が向上し、シフト管理における間接業務コストを年間約480時間削減できたとのお声をいただきました。

作業時間を削減できたことで、管理者が現場の業務に集中できるようになり、結果的にサービス向上にもつながっていると感じているそうです。

出典:シフオプ「TOHOシネマズ株式会社


 まとめ

映画館は、営業時間が長く幅広い業務が存在するため、スタッフ数が多い職場です。シフト作成が難しく煩雑化しているという映画館は、現状で費やしているシフト管理の工数と、シフオプを使った場合のコストを比較してみてはいかがでしょうか。

シフオプは、大規模な映画館のシフト管理システムにも採用され、年間で約480時間の工数を削減した実績があります。同じような悩みを抱えている管理者の方は、ぜひ一度お問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はこちらから