導入メリット

「シフオプ」は、手間や時間のかかるシフト管理業務の効率化はもちろん、
人手不足対策や人件費管理強化など、様々なメリットをご提供します。

ヘルプの活用による労働力の確保

人手不足で現場の
労働力が足りていない

自店舗だけでなく他店舗からも
簡単にヘルプを募ることが
できるので、必要な労働力を
確保できます

「シフオプ」では、「シフトが埋まらない」「急な欠員があった」等、人手が足りない際に簡単な操作によるスタッフへの一括連絡でヘルプを募ることができます。 メールや電話等で一人一人に連絡を取ることに比べ、手間がかからず、かつ、即時に一斉連絡できるので、人手の足りない時間の調整を簡単に実現できます。 しかも、自拠点のスタッフに対してだけでなく、他拠点のスタッフに対してもヘルプを募ることが可能なため、拠点間でのスタッフ共有の実現も簡単です。 ヘルプ募集の効果的な活用によって、既に所属している従業員の稼働率を上げ、人手不足・労働力不足問題への対抗策とすることができます。

欠員可視化による採用の最適化

人手不足で現場の
労働力が足りていない

現場が必要とする時間帯を
把握して募集することで
採用効率を向上できます

「シフオプ」を通じて各現場のシフトを可視化することで、何曜日のどの時間帯に人が余っていて、 どの時間帯に人が足りないかを可視化やデータ化することができます。 これによって各拠点の欠員状況を定量的に把握することができるので、 新規に採用が必要な時間帯や人数を、今までよりリアルタイムで、より正確に把握できます。 例えば、現場の足りない時間帯に合わせて採用募集広告のターゲットを設定する、 各拠点の足りない時間帯だけを、応募効率の良い短時間のシフトで募集するなどの募集方法の工夫に繋げることができます。

アルバイト・
パート人件費の最適化

現場のアルバイト・パートの
人件費管理を改善したい

自動計算された人件費を
モニタリングすることで、
人件費管理の強化ができます

「シフオプ」では、シフト作成と同時に、作成中のシフトでは人件費がどれくらいかかるのか、を自動的に計算することができます。 例えば、各現場の人件費がどのような状況になっているかを人件費予算等と比較して組織的にモニタリングしていくことで、 過剰・過小なシフト組みの調整や各拠点におけるシフト管理者のシフト管理スキル向上に繋がります。 シフト作成時点で予算との差をチェックすることによって、勤怠実績となる前に人員配置を修正でき、より適正な人件費管理の実現に繋がります。

労務コンプライアンスの強化

コンプライアンスリスクの
あるシフトが組まれてしまう

シフト組みの段階でリスクを
自動検知しアラートを発信、
コンプライアンスの
強化ができます

スタッフの就業時間を設定していく上で、遵守が求められる各種諸法規をシフト段階でチェック、 リスクのあるシフト組みには自動的にアラートが上がります。 このアラートを確認しながらシフトを作成することで、労務コンプライアンスの強化が可能です。 また、アラートを意識してシフト作成を行うことで、各種諸法規に対するシフト管理者の知識向上にもつながります。

シフト作成時の負担を軽減

シフト管理に時間や手間がかかる

収集や転記、広報作業が
楽になり、業務効率化を実現

紙や表計算ソフトを活用したシフト管理で発生する、スタッフの希望シフトの収集、収集されたシフトの転記作業、確定したシフトの広報など、 このような面倒な作業を「シフオプ」では画面上で手軽に実施できます。 さらに、急な欠員などに伴うヘルプの募集も、簡単な操作でスタッフへ一斉送信、スタッフの応募状況もすぐに確認できるので、人手が足りない場合の調整も簡単です。 スタッフも、インターネットを通じてPCやスマートフォン、フィーチャーフォンを通じて、いつでもどこでも自分のシフトを確認できるので、 スタッフの満足度の向上にも繋がります。